「平城遷都」認知度高いが、行く予定は低く

  • 2009年11月21日

 平城遷都1300年祭の首都圏での認知度は6割以上と高いものの、行く予定の人は2割にとどまっている。南都経済センターがこのほど発表したアンケートの調査で明らかになった。より多くの人に来てもらうには、「いつどこへ行けばどんなイベントが楽しめるのか、明確な売りを示す必要がある」と指摘している。

 平城遷都1300年祭について「ある程度の内容を知っている」と答えたのは首都圏では11.3%、近畿圏では22.5%。「名前は知っている」と答えたのは首都圏が49.9%、近畿圏では57.2%となり、両項目を合わせると首都圏で約6割、関西で約7割の認知度があることが分かった。

 遷都祭への興味を聞いたところ、「興味がある」と答えた人は、首都圏が41.8%、近畿圏が40.5%。「行く(予定)」または「行きたいと思っている」と回答した人は、首都圏では20.0%、近畿圏では32.7%となった。

 「行く」または「行きたいと思っている」と回答した人に参加行程を聞いたところ最も多かった日程は、首都圏が「2泊3日」(56.8%)、近畿圏が「日帰り」(66.7%)。宿泊地を訪ねたところ、1泊2日の場合、首都圏では63.2%、近畿圏では91.6%が「奈良」と回答。2泊以上の場合、奈良以外の宿泊地候補として首都圏では、京都を上げる人が約4割いた。

 宿泊客が他府県へ流出することが懸念されることから、同センターでは奈良の宿泊施設に泊まるメリットや魅力を宿泊客に十分PRしていく必要があるという。

 調査は、首都圏と近畿圏など(奈良県を除く近畿圏と三重県)の在住者を対象に実施。1096人から回答を得た。

関連する記事

新規12作品地域活性に期待の声 人気アニメのゆかりの地を観光資源として生かし国内外から人を誘致、地域活性化を目指すアニメツーリズム協会(富野由悠季会長)は10月29日、…

続きを読む

沖縄県は、スポーツツーリズム戦略推進事業でイベントを開催する。 “全国から約50チームが参加する冬のビーチサッカーの祭典”「ビーチサッカー沖縄カップ」“環境シンポジウムと…

続きを読む

来年4月に国際観光学科を新設する富山福祉短期大学は10月29日、「国際観光学科開講記念シンポジウムツーリズムで成功する地域創生そのための人材育成とは」を同短大内のホー…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube