「川中島合戦を再現」米沢上杉まつりに7万人

  • 2018年5月16日

市民ら約720人が甲冑姿で参加した

 山形県米沢市の米沢四季のまつり委員会(会長・中川勝米沢市長)が主催する「米沢上杉まつり」が4月29日~5月3日に行われた。甲冑(かっちゅう)姿の市民ら約720人が合戦の模様を再現するなど、戦国時代の歴史絵巻が、国内外から訪れた約7万人の観客を魅了した。

 祭りのハイライトは5月3日、戦国時代最大の戦いと言われる「川中島合戦」の再現。同市の松川河川敷緑地公園を舞台に、市民らが上杉謙信と武田信玄の両軍の武将などに扮して参加した。一斉射撃で合戦がスタート。謙信役が単騎で敵陣に斬り込み、信玄役が軍扇で受け止める「三太刀七太刀」の場面では大きな歓声が上がっていた。

 中川市長は「米沢は上杉の城下町として繁栄し、歴史、文化が築かれてきた。この文化(まつり)を礎に、市の発展に結びつけていく」と話していた。

 まつりでは、謙信が不正不義を正すために軍神を招き迎える儀式や、出陣の儀式なども行われた。

 米沢市の上杉博物館では、桃山時代を代表する画家、狩野永徳筆の「国宝・上杉本洛中洛外図屏風」とともに、直江兼続の書状などを展示する特別展も行われている。

関連する記事

北海道フードダイバーシティー協議会が16日、発足した。 2019年1月16日、旭川市内「雪の美術館」にて株式会社VOREAS(所在地:北海道旭川市代表取締役社長池田憲…

続きを読む

栃木県那須塩原市は、アートイベント「アート369フェスティバル」を3月に開催する。 黒磯駅周辺のカフェやショップを会場に、6名のアーティストが作品展示やワークショップを実…

続きを読む

福井県越前町は、越前がにの競り見学や地元でしか味わえないズボガニを味わう「越前がにセリ見学とズボガニ満腹ツアー」を2月23日に催行する。 【催行日】2019年2月23日(…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube