「宿泊で堅調な動き」内閣府10月調査 物価上昇の懸念も


 内閣府はこのほど、景気ウォッチャー調査の10月分を公表した。同月の景気の現状判断DI(季節調整値)は前月比0.4ポイント減の49.5。サービス関連、飲食関連が上昇も、小売関連、企業動向関連が低下した。観光関連の企業から「宿泊を中心に堅調な動き」とするも、「物価上昇の懸念があり、先行きの予測がつかない」などの声が上がっている。

 調査は地域の景気の動向を観察できる業種の人々に、景気の現状と先行きについて「良い」「どちらとも言えない」「やや悪い」など5段階で判断してもらい、結果を数値化したもの。

 3カ月前と比較した景気の現状DIは、サービス関連が前月比0.1ポイント増の52.5、飲食関連が同4.3ポイント増の57.2。小売関連は同0.4ポイント減の47.8と低下した。企業動向関連は同1.5ポイント減の49.0。製造業、非製造業ともに低下した。

 12の地域別では、7地域で上昇。5地域で低下した。沖縄が6.0ポイント増(63.0)と最も大きく上昇。中国が4.1ポイント減(47.3)と最も大きく低下した。

 2~3カ月先の景気の先行きに対する判断DIは、前月比1.1ポイント減の48.4。サービス関連、飲食関連、小売関連が低下。企業動向関連は前月から横ばいだった。

 景気判断理由の主な回答は次の通り。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み

注目のコンテンツ

Facebook
X(旧Twitter)
YouTube
Instagram

第37回「にっぽんの温泉100選」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2023年度「5つ星の宿」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」「5つ星の宿プラチナ」は?

第37回にっぽんの温泉100選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2023 年度人気温泉旅館ホテル250選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月22日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒