「会員数増強で発信力強化」 日本観光施設協会が総会

  • 2022年7月24日

幾世代表理事

 全国の観光土産店、飲食店などで組織する日本観光施設協会(幾世英夫代表理事、123会員)は6日、東京都内で2022年度定時総会を開いた。過去2年間は書面決議で、リアルでの総会は3年ぶり。任期満了に伴う役員改選では、幾世代表理事の留任を決定した。コロナ禍による厳しい状況下でも、会員数増強による組織力向上、発言力・発信力の強化を目指す方針を示した。

 幾世代表理事は冒頭あいさつで「インバウンドの受け入れが再開されると、観光業界がいかに重要な位置にあるかが多くの人にご理解いただけると思う」と話し、「政府に対して発言していくためにも、会員拡大が非常に重要。1社でも多くの観光施設に入会いただき、組織としての力を高めたい」と強く意気込んだ。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram