「世界かんがい施設遺産」に国内3施設を登録申請

  • 2020年6月11日

 国際かんがい排水委員会(ICID)日本国内委員会はこのほど、「世界かんがい施設遺産」候補施設として、天狗岩用水(群馬県前橋市、高崎市、玉村町)など3施設をICID本部に申請することを決めた。

 申請施設は天狗岩用水のほか、備前渠(びぜんきょ)用水路(埼玉県本庄市、深谷市、熊谷市)と常西合口(じょうさいごうくち)用水(富山市)。日本はこれまで、39施設が登録されている。

 備前渠は「備前堀」の愛称で親しまれており、慶長9(1604)年に関東郡代・伊奈備前守(いなびぜんのかみ)が江戸幕府の命で開削した県最古の用水路。今でも素堀のところが多く、当時の面影を残している。

 2006年には長い歴史や優れた景観を誇る疎水として「疎水百選」に選ばれている。

 今後、ICID本部に設置される審査員会で登録の可否が決まる。登録と判断された施設は、12月にモロッコで開催予定のICID国際執行理事会で発表される。

 世界かんがい施設遺産は、歴史的な施設をICIDが認定、登録する制度。建設から100年以上が経過した、(1)かんがいが主目的のダム(2)ため池などの貯水施設(3)堰・分水施設(4)水路(5)古い水車―などが対象となる。農林水産省は「登録により、かんがい施設を核にした地域づくりなどに活用されることが期待される」としている。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram