「ノーノーマル」主流に エクスペディア「23年の旅行トレンド」

  • 2022年12月9日

新トレンドとして「ノーノーマルな旅」を紹介する木村氏(中央)

 エクスペディアグループは11月22日、海外旅行の最新動向など「2023年の旅行トレンド」を発表した。トレンドワードは、「ノーノーマル(No Normal)な旅」。同社リテール日本統括ディレクターの木村奈津子氏は、「海外渡航再開後は、型にはまらない自由な行き来、活発な移動が行われている。2023年の旅行は、万人向けの旅行トレンドではなく、正解のない旅が主流になる」と話す。

 調査は、9月22日から10月14日にかけて、日本を含む世界17地域で2万4千人の今後36カ月以内に、国内および海外旅行を計画している成人を対象に、オンラインで実施。

 旅行先の選択では、ストリーミングサービスの影響が15%に。ソーシャルメディアの11%を上回った。日本では、44%の旅行者がストリーミングサービスで見た番組をもとに旅行先を検討。そのうち36%が実際に旅行を予約している。

 旅行先は、文化の中心地である大都市の人気が再燃。直近2年間は国立公園や自然豊かな地域が注目されたが、23年はスコットランドの「エディンバラ・フリンジ」やシドニーの「ワールドプライド」、東京の「桜の名所」など、芸術や文化的イベントが本格的に復活しつつある都市への注目が高まっている。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram