「わきざしクラウド」、「先進ビジネスモデル賞」を受賞


 かんざしは11月15日、「わきざしクラウド」で「先進ビジネスモデル賞」を受賞した。

「Make Sustainable Nippon – 『旅館・ホテル・地場企業など』と『地方自治体』に最も必要とされる企業になる」というビジョンを掲げ、『旅館・ホテルテック事業』『HRテック事業』『観光テック事業』を手掛ける株式会社かんざし(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:秋山 匡秀、以下「かんざし」)が提供する、キャンセル料回収自動化のクラウド型DXツール「わきざしクラウド」は2023年11月15日、一般社団法人日本クラウド産業協会(本社:東京都品川区、会長:河合 輝欣、以下「ASPIC」)が主催する「第17回 ASPICクラウドアワード2023」にて、社会業界特化系ASP・SaaS部門「先進ビジネスモデル賞」を受賞したことをお知らせいたします。

  • 「ASPICクラウドアワード」について

授賞式会場にて(左から順に当社執行役員会長 林垣 恵太、代表取締役社長 秋山 匡秀、取締役 西 宣明)授賞式会場にて(左から順に当社執行役員会長 林垣 恵太、代表取締役社長 秋山 匡秀、取締役 西 宣明)

ASPICクラウドアワードは総務省の後援により、日本国内で優秀かつ社会に有益なクラウドサービスに対し、総務大臣賞、他各賞の表彰を行う毎年大きな注目を集めているアワードです。

本アワードにおいて、かんざしは2021年に「どこでもSHOWBY」が部門「ASPIC会長賞」を、2022年に「かんざしクラウド」が部門「準グランプリ」を受賞しています。そして2023年に「わきざしクラウド」が社会業界特化系ASP・SaaS部門において「先進ビジネスモデル賞」を受賞したことは大変身に余る光栄です。

 

URL:https://www.aspicjapan.org/event/award/17/index.html

「わきざしクラウド」はお客様へ請求をしなければならない事案が発生した時に、担当スタッフに代わり請求から督促、入金の消し込みまでを自動化するクラウド型DXツールです。「わきざしクラウド」に「請求金額」や「宛先」を入力するだけであとは自動的に処理を実行します。支払いが完了するまで督促強度を上げながら、「SMS」に始まり最終的には「支払督促」までをカバーしています。これにより心的負担と業務負担の両面から同時に解放します。

 
新聞ご購読のお申し込み

注目のコンテンツ

Facebook
X(旧Twitter)
YouTube
Instagram

第37回「にっぽんの温泉100選」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2023年度「5つ星の宿」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」「5つ星の宿プラチナ」は?

第37回にっぽんの温泉100選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2023 年度人気温泉旅館ホテル250選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月22日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒