「『第三の創業』初年度」 新春経営講演会でJTB高橋社長

  • 2018年2月7日

 JTBが1月24日に東京で開いた「2018年新春経営講演会」で髙橋広行社長は、地域や部門ごとに分かれたグループ15社を統合して一つのJTBとする経営改革を4月から実施する18年度を「『第三の創業』初年度と位置付けている」と強調。「お客さま、マーケット、社会にとり有用で新たな『JTBならではの価値』を創造していく起点となる年としたい」と力を込めた。

 第三の創業とは「お客さまの課題解決を主眼としたビジネスモデルへの変革。言い換えれば、手数料を中心としたこれまでのコミッションモデルから、提供価値、体験価値に見合った対価を収受するフィーモデルへの転換への挑戦でもある」と髙橋社長は説明した。

 「JTBならではの価値」については「旅行に留まらない、人、物、情報、すべての交流の場面をフィールドとしてソリューションを内包した商品やサービスを提供することによって、個人事業では期待を超える感動レベルまでお客さまの体験価値を高めていきたい。法人事業では、個々のお客さま課題の解決に留まらない社会課題の解決まで視野に入れた高い次元でのソリューションを実現していく」と語った。

関連する記事

手配業 東京72社、大阪56社登録 改正旅行業法が1月4日に施行された。旅行の安全や公正な取引など業務を適正化するため、旅行サービス手配業(ランドオペレーター)に登録制度…

続きを読む

日本旅行は、京急観光の店舗・外販事業の事業譲受契約を締結した。  京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区,社長:原田一之,以下京急電鉄),および100%子会社である京…

続きを読む

KNT―CTホールディングス(HD)は8日、2018年3月期の第3四半期(17年4月1日~12月31日)決算短信を発表した。連結業績は売上高が前年同期比2・6%増の318…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?