【旅館はもっと良くなるべきだ 旅館経営 タテ・ヨコ・ナナメ55】業務効率化への取り組み22 佐野洋一

  • 2017年8月10日

 作業時間を計って、それをもとに標準作業時間を割り出す考え方について前回述べた。これをあらためて算式として示す。

 標準時間=観測時間×レイティング+余裕時間

 前回をお読みいただいていない方のために簡単に補足すると、「観測時間」は、手慣れた人によって行われる作業時間を実際に計ったもの、「レイティング」は、「普通の人」が行う速さを想定して持たせる幅(熟練者の1割~3割増し程度)、「余裕時間」は、トイレ休憩など、作業そのもの以外に見ておくべき余裕の時間である。(詳しくは前回参照)

 単位は、客室清掃・セットアップなら「人・時/室」、食器洗浄なら「人・時/食」となる。

 ※「人」=スタッフ人数、「時」=時間、「室」=客室数、「食」=提供食数。
 使い勝手に合わせてこれを「逆数」(スタッフ1人1時間当たり○室、スタッフ1人1時間当たり○食)としてもよい。

 さて、ではこれをどこに生かすか?…前回もお伝えしたように「人員配置計画」である。

 (22)標準時間にもとづく人員配置

 定量化できる作業は、標準時間をもとに「配置人員」を決める。次のような関係になる。

 やるべき作業量=標準時間(速さ)×作業時間×人数

 従って、

 人数=作業量÷(標準時間(速さ)×作業時間)

 (例)清掃すべき客室数が20室、客室清掃に要する標準時間が0・5人・時/室(1室につき1人で30分)、作業に充てられる時間が昼間の5時間とすれば、標準配置人員は20÷(0・5×5)=8人…となる。

 少し面倒に思われるかもしれないが、一度やってみればそれほど難しいことではないので、ぜひここまで割り出していただきたい。

 現場ではいろんな予定外のことも起こる。飛び入り客を受けているところなら、当日に増えるのは茶飯事だろうし、スタッフが急な病気で休むこともしばしばある。こうした事態を想定してバッファ(緩衝余裕)は見ておかなくてはならない。

 ただしここでそうした分まで人員配置に反映させないことが肝要だ。タップリ料金をもらって余裕ある人員態勢の許されるところはいざ知らず、このような余裕までみて配置していたら、儲かる体質など築くことはできない。

 ではどうするか?…ここに他部署からの協力・応援を生かすのである。協力・応援のあり方については別の場であらためてふれたい。

 さて、このようにして決めた人員配置も、なお現場の実情とミスマッチを生ずる可能性がある。だから導入当初には、業務に支障をきたすような無理がないか、残業が想定以上に発生していないかなど、経過を観察するようにしたい。これは繁忙日に限らない。むしろヒマな日の過少な配置で無理が生じている可能性もあることを念頭に置いておこう。

 なお、こうしたやり方を導入する際に、現場スタッフの納得を得るためには、「標準時間」の設定プロセスを分かりやすく説明するのが有効である、と言うより、作業時間を計ったり、それをもとに標準時間や配置人員を割り出す作業そのものを、現場の社員と一緒にやると良い。

(株式会社リョケン代表取締役社長)

関連する記事

旅館は時代の需要に応じて変化してきた。鎌倉時代の木賃宿から旅籠へと変化し、江戸時代には今の温泉旅館の原型が生まれた。その後、駅前旅館から戦後に団体観光旅館が発展し今に至る…

続きを読む

20年前ほど前から、ツーリズム産業の関係者らがぼんやりと描き続けてきた旅行の未来像――着地型旅行商品が充実し、宿泊施設のあり方も多様化し、それらをウェブ上で旅行者自らが「…

続きを読む

ここ最近、禁煙部屋を作る(あるいは増室する)という相談が多いので、今号では禁煙・喫煙について一度考えてみたいと思う。ホテルにおいては、今や禁煙・喫煙が部屋ごとで分けられて…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?