UNWTO駐日事務所 本保芳明代表 観光を活用した持続可能な地域経営シンポ 主催3団体あいさつ  

  • 2021年12月23日

本保代表

 サステナブル・ツーリズムへの関心が高まる中、観光・交通運輸に関する研究機関の運輸総合研究所、国連世界観光機関(UNWTO)駐日事務所、観光庁は8日、「観光を活用した持続可能な地域経営の普及・促進に関するシンポジウム」を東京都内で開催した。地域が抱える経済、社会・文化、環境などの持続可能性に関する課題に対して観光政策はどうあるべきか。基調講演やパネルディスカッションを通じて、持続可能な観光の推進、観光を活用した持続可能な地域づくりの在り方を探った。

「住んでよし」が原点 シンポ主催団体あいさつ

 持続可能な観光への取り組みは、1987年、国連のブルントラント報告にさかのぼる。2004年には、UNWTOが「観光地のための持続可能な観光指標・ガイドブック」を策定している。これに対して日本が本格的に取り組んだのは、観光庁が「持続可能な観光推進本部」を設置した2018年。率直に言って日本の取り組みは大変に立ち遅れていた。しかし、その後は、観光庁が「日本版持続可能な観光ガイドライン」(2020年)を定めて、モデル事業を精力的に推進した。このことによってわが国でも大きな弾みがつき、素晴らしい先進事例が各地に生まれるに至った。各地で持続可能な観光を政策の柱にする動きが見られ、議論も高まっている。しかし、持続可能な観光というのは、決して政策の柱の一つではない。私は観光政策の基本理念だと考えている。これなくしては、これからは進まない。私たちの観光立国推進基本法の基本理念である「住んでよし、訪れてよし」は、この考えを物語ったものだ。さまざまな取り組みを通じて、私たちの国日本、そして各地域が本当の意味で持続可能なものとなるように皆さまと共に取り組んでいきたい。

本保代表

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら