UNWTOなど、都内でメコン観光セミナー

  • 2009年8月22日

3ヵ国との中継映像(左)に語りかける日本側関係者

3ヵ国との中継映像(左)に語りかける日本側関係者

 世界観光機関(UNWTO)とアジア太平洋観光交流センター(APTEC)は18、19の両日、世界銀行東京開発ラーニングセンター(TDLC)とともに、都内で「メコン川流域3カ国(カンボジア、ラオス、ベトナム)観光促進教育セミナー」を開催した。世銀のテレビ会議システムを利用することで、東京会場と3カ国を結んでの同時セミナーを初めて実現した。

 「日メコン交流年」事業の一環。メコン側流域のうち、3カ国からは観光行政、観光業界関係者ら延べ約270人が参加した。

 18日のオープニングセレモニーであいさつした飯嶋康弘・UNWTOアジア太平洋センター副代表は、「メコン地域は日本人にとってのデスティネーションとして、もっとも注目されている地域の1つ」と述べるとともに、3カ国の観光連携が国際競争力の向上につながり、地域全体の観光産業を発展させると強調した。

 また、日本旅行業協会の柴田耕介理事長は4月にメコン地域観光促進委員会を立ち上げ、現在、メコン川クルーズの商品化などに取り組んでいることを紹介した。

 セミナーでは、ツーリズムマーケティング研究所社長の高松正人氏が世界の観光マーケットとの比較、メコン川地域観光の現状と問題点などについて基調講演し、各国もそれぞれの観光政策や計画などについて述べた。

 日本人の各国の訪問者数は07年で、ベトナムが約41万人、カンボジア約16万人、ラオスが約3万人となっている。

3ヵ国との中継映像(左)に語りかける日本側関係者
3ヵ国との中継映像(左)に語りかける日本側関係者
新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram