TPA、北海道で観光フォーラム開催

  • 2009年7月18日

開会あいさつする大島会長

開会あいさつする大島会長

 観光振興懇話会(TPA、大島利徳会長)は10日、訪日中国人旅行客の誘致などを軸に今後の北海道の観光活性化を考えるシンポジウム「北海道観光振興フォーラム」を札幌パークホテルで開いた。国内外から約350人が参加した。

 中国からは、胡勝才中国駐札幌総領事、范巨=中国国家観光局(東京)首席代表のほか、遼寧省、瀋陽市、上海市、広東省、天津市、天津市塘沽区、北京市の各省市区からTPAが招へいした、旅遊局(観光局)と旅行会社の幹部20人が参加した。

 日本側は、北海道内の行政、観光関連事業者を中心に約330人が出席した。

 冒頭に、松田昌士JR東日本相談役、神谷俊広観光庁次長、胡勝才総領事、山本邦彦北海道副知事がそれぞれあいさつ。山本副知事は「今月から発給が始まった中国人向け個人観光査証が北海道のインバウンドにとって大変な追い風になると思っている」と期待を込めた。

 基調講演では尾澤克之北海道運輸局長が「観光立国の実現に向けて」と題して、日本と北海道のインバウンドの現状などを紹介。また、石森秀三北海道大学観光学高等教育センター長は「北海道は感幸王国になれるか」をテーマにした講演で、「人口、GDPでフィンランド1国ときっ抗する北海道のポテンシャルはとてつもない。グリーンライフツーリズム、ヘルスツーリズム、スポーツツーリズムのメッカであり、カジノエンターテインメントの可能性を探る必要もある」などと述べた。さらに「安売り観光の大地」から「人生を楽しむ感幸の大地」への脱却を提唱した。

 パネルディスカッションでは、作古貞義TPA名誉会長・流通科学大学名誉教授の進行のもと、池田光司札幌観光協会副会長、渡辺孝一岩見沢市長、長沼昭夫スイーツ王国札幌代表、浜田健一郎ANA総研社長、鳥越靖司ジャルツアーズ副社長の5人のパネラーが「北海道観光の道標と活性化」について、壇上で意見を交換。「北海道は本来持っている力を出し切っていない。観光地としてもっと頑張らなければならない」という点で一致した。  懇親会にはサプライズゲストとして、中国人1億人以上が見て、中国の道東ブームに火をつけた映画「非誠勿擾(フェイチェンウーラオ=ひやかしお断り)」のプロデューサー、宇崎逸聡氏が登場。中国人招へい団のメンバーを喜ばせた。

 TPAによる地域観光振興フォーラムの開催は、07年2月に湯本富士屋ホテルで開いた「国際観光地『ハコネ』の活性化を考える」、08年3月にハウステンボスで開いた「長崎観光振興フォーラム」に次ぐ3回目。次回は10年に福岡で開く予定だ。

開会あいさつする大島会長
開会あいさつする大島会長

関連する記事

宿泊施設専門の総合情報システム会社、タップ(東京都江東区、林武司社長)は10月31日、「タップユーザー会」を帝国ホテル東京で開いた。同社のユーザー施設を中心に約400人が…

続きを読む

総務省はこのほど、サービス産業動向調査の8月分速報を公表した。 同月のサービス産業の事業従事者数は、宿泊業が前年同月比3.4%増の73万3400人と、5カ月連続で増加し…

続きを読む

総務省はこのほど、サービス産業動向調査の8月分速報を公表した。同月の宿泊業(旅館・ホテル、簡易宿所、下宿業)の売上高は前年同月比17.8%増の6798億6800万円と8カ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube