SAF利用しフライトツアー 

  • 2022年12月17日

FDAの燃料に初めてSAFを利用 

 フジドリームエアラインズ(FDA)と富士山静岡空港、大井川鐡道は、観光で静岡を盛り上げようと連携フライトツアーを実施しているが、脱炭素へ新たな取り組みを始める。来年1月に、持続可能な航空燃料(SAF)を利用した一般顧客向けの富士山遊覧フライトツアーを実施、二酸化炭素(CO2)削減に一歩を踏み出す。

 CO2削減に向けた取り組み「富士山静岡空港グリーン・フライト&エアポート」の第1弾企画となる。

 商品名は「富士山遊覧飛行と大井川鐡道と南アルプスあぷとライン」で、1月7日に実施する。旅行代金は12歳以上が3万9800円、3~11歳3万7800円、3歳未満2千円。募集人員は70人。11月29日から大鉄アドバンスの公式ウェブサイトで販売。

 富士山静岡空港を離陸し、約40分の富士山遊覧飛行の後、アプト式列車「南アルプスあぷとライン」乗車。川根温泉でバイキングのランチをとり、SL蒸気機関車にも乗車する。

 同フライトツアーでの航空燃料の一部に初めてSAF「サステオ」を採用。サステオはユーグレナ社が製造・販売するバイオジェット燃料で、使用済み食用油や微細藻類ユーグレナから抽出した油などが主な原料。FDAが一般の客を乗せる遊覧飛行でSAFを使うのは初めて。

 同フライトツアーはこれまで累計約3300人に利用された富士山静岡空港の人気商品。関係者は「サステナブルツーリズム実現への一歩として、SAF使用による追加コストをお客さまにも一部負担いただきながら、環境配慮型旅行商品として持続的な供給を目指す」と話している。


FDAの燃料に初めてSAFを利用 

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram