KNT-CTホールディングス 債務超過解消も69億円赤字

  • 2021年11月26日

三宅専務

通期は昨年度から155億の改善見込む

 KNT―CTホールディングス(HD)が10日発表した2022年3月期中間決算(21年4月1日~9月30日)の純損益は68億5300万円の赤字となった。昨年度から推進している事業構造改革や、希望退職に伴う人件費の圧縮などから前年同期から約100億円の改善(前年同期は168億4600万円の赤字)。コロナ禍の影響が続き、通期連結業績は130億円の最終赤字(昨年度は284億5600万円の赤字)となる見込み。債務超過は6月末に400億円の資本支援を受けて解消している。

 売上高は、前年同期比262.7%増の575億4600万円。営業損失は84億8300万円(同231億7900万円)、経常損失は59億2500万円(同157億3400万円)だった。純資産は234億6300万円、自己資本比率が19.8%。

ペイウォール会員向け記事です。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら