JTBと日産、宿泊施設でのEV活用

  • 2017年4月19日

 JTBコーポレートセールスは、日産自動車と日産カーレンタルソリューションと共同で、電気自動車(EV)「e―NV200」を活用した宿泊施設でのカーシェアリング「ゼロエミッション・ツーリズム」を4月から開始した。宿泊客による観光スポットなどへの移動や宿泊施設の送迎などの業務で、走行中にCO2を全く排出しないEVを活用する取り組み。

 昨年7月から神奈川県箱根町にある4軒の旅館と共同で先行して取り組みを行った結果、観光地でEVを活用する有効性が検証されたことから、全国展開に踏み切った。栃木県や鳥取県など17県の宿泊施設でゼロエミッション・ツーリズムを導入する。

 活用するEVは、多目的商用バン「NV200バネット」をベースに、した、室内の広さや多用途性とEVならではの滑らかな加速性や静粛性を兼ね備えたモデル。バンだけでなく5人乗り、7人乗りのワゴンタイプも設定している。

 JTBコーポレートセールスでは「観光地でのEVの積極利用は、地域の観光資源の保全と旅行の楽しさを両立し、観光地の持続可能性を高め地域活性化にも寄与する」と話す。

関連する記事

パナソニックエコソリューションズ社(大阪府門真市)は、マンション・ホテル向けユニットバス「ⅰ―XINTEGRALBATHROOM(イークスインテグラルバスルーム)…

続きを読む

株式会社パイ インターナショナル(豊島区)は2018年1月18日に書籍『世界の断崖 おどろきの絶景建築』を刊行した。 敵からの侵略を食い止めるため、俗世を離れて神への信仰…

続きを読む

JTBグループの株式会社JTBコーポレートセールス(東京都千代田区、代表取締役社長:皆見薫)は、株式会社JTBパブリッシング(東京都新宿区、代表取締役社長:今井敏行)と連…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒