JR西日本ホテルズ、マリオット・インターナショナルと初提携

  • 2022年4月2日

 JR西日本ホテルズは3月24日、マリオット・インターナショナルと初提携したと発表した。

株式会社ジェイアール西日本ホテル開発(京都府京都市下京区、代表取締役社長 伊勢 正文)は、日本郵便株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 衣川 和秀)、西日本旅客鉄道株式会社(大阪府大阪市北区、代表取締役社長 長谷川 一明)、大阪ターミナルビル株式会社(大阪府大阪市北区、代表取締役社長 平野 賀久)および株式会社JTB(東京都品川区、代表取締役 社長執行役員 山北栄二郎)が旧大阪中央郵便局敷地を含む大阪駅西地区に開発されている「梅田3丁目計画(仮称)」に、当社が運営するJR西日本ホテルズの新たなホテルブランド(以下、計画ホテル)を出店することを決定しましたので、お知らせいたします。

またこのたび、計画ホテルを開発するにあたり、当社としては初となるマリオット・インターナショナル(本社:米国 メリーランド州、最高経営責任者:アンソニー・カプアーノ、社長:ステファニー・リナーツ)と提携し、個性あふれる独立系ホテルからなる「オートグラフ コレクション ホテル」に、日本のホテルとして4軒目、アジア太平洋地域において17軒目のホテルとして加盟いたしました。(2022年3月現在)

計画ホテル地は、1874年に開業した初代大阪駅の跡地でもあることから、この土地の記憶を継承し、地域の歴史や文化を未来へ紡ぎ、予期せぬ驚きや新たな価値を提供する、唯一無二の時空(とき)を超える旅の基点として、国内外の皆様に愛されるホテルブランドを目指します。計画ホテルは、「梅田3丁目計画(仮称)」内の1階、7階、29階~38階にあり、客室は、40平米を中心に418室、付帯施設として、宴会場(7F)、レストラン(29F)、大浴場を併設するフィットネスジム(30F)等を計画しています。また「梅田3丁目計画(仮称)」は、現在、大阪駅西側に整備中の「JR大阪駅新改札口」(2023年春暫定供用開始予定)に直結するなど、抜群のアクセスを基盤に、西日本エリアの新たな観光拠点として、人と人、人と街をシームレスにつなぐ持続可能なサービスを計画してまいります。

計画ホテルの開業は、2024年夏を予定しており、詳細は決まり次第、お知らせいたします。

ホテル正面玄関(1F)イメージホテル正面玄関(1F)イメージ

​​
【計画ホテル概要】
■ ホテル名:未定
■ 所在地 :大阪府大阪市北区梅田三丁目2番4号地
■ 面 積 :約36,500㎡(ホテル)
■ 客室数 :418室(客室フロア30階~38階)
■ 客室面積:40㎡(標準客室)
■ 付帯施設:宴会場(7F)、レストラン(29F)、フィットネスジム(30F)など
■ 開 業 :2024年夏(予定)
■ アクセス:JR大阪駅新改札口直結(2023年春暫定供用開始予定)
・JR高架下貫通通路により、JR大阪駅に整備される新改札口と直結します。
・西梅田地区と大阪駅を結ぶガーデンアベニュー(地下通路)と直結します。
・2階に整備される歩行者デッキにより、JR大阪駅(サウスゲートビルディング)と直結します。

建物外観イメージ(JR大阪駅前から)建物外観イメージ(JR大阪駅前から)

※画像はイメージです。今後、変更となる場合がございます。

【JR西日本ホテルズについて】
JR西日本ホテルズは、JR西日本グループとして、近畿圏を中心に、現在4ブランド、11ホテル(3620室)を展開するホテルグループです。「上質な旅の基点」として、京都、岡山、広島など新幹線およびターミナル駅直結の安心感を基盤に、地域とともにお客様を魅了するフルサービス型のホテルグランヴィア、「スマートな旅の基点」として、京都、大阪、尼崎など駅への抜群のアクセスと先進的なサービスを提供する宿泊主体型のホテルヴィスキオ、価値ある出会いが行き交うコミュニティ型の梅小路ポテル、そして、創業1909年、時空(とき)を紡ぎ、今なおノスタルジックな世界観を提供する奈良ホテルなど、多彩なブランドを展開しています。「駅」から始まり誠実に積み重ねてきた信頼を発展させ、地域と共に、お客様一人ひとりの豊かな人生を広げ、これからも、世界に誇れるサービス水準をめざし、旅の魅力や人々のつながりを創り続けます。
※2022年3月18日、JR富山駅前に「ホテルヴィスキオ富山」が開業いたしました。

【マリオット・インターナショナルについて】
マリオット・インターナショナル(NASDAQ:MAR、本社:米国メリーランド州ベセスダ)は、139の国と地域に30ブランド、合わせて約8,000軒の宿泊施設を擁するホスピタリティ企業です。世界中でホテルの運営およびフランチャイズやリゾートのオーナーシップ・プログラムを展開しています。また、受賞歴を誇る旅行プログラム、Marriott Bonvoy®(マリオット ボンヴォイ)を提供しています。
詳しい情報は、https://www.marriott.co.jp/default.miをご覧ください。
また、Facebook、Twitter(MarriottIntl) 、Instagram(@MarriottIntl)でも情報発信しています。

【オートグラフ コレクション ホテルについて】
オートグラフ コレクション ホテルは、オリジナリティ溢れるホテルを支持し、41以上の国と地域において絶好のロケーションを誇る240軒以上の独立系ホテルそれぞれの個性を大切にしています。ひとつひとつに創設者の情熱が込められ、彼らのビジョンを具現しており、各ホテルがたったひとつしかない特別なもの、「Exactly like nothing else(唯一無二)」となっています。オートグラフ コレクション ホテルは、独自の造りと、デザインやおもてなしに対して強いこだわりを考慮の上セレクトされ、生涯続くような印象を残す色鮮やかな時間をお届けします。詳細については、https://www.autographhotels.comをご覧ください。
また、Instagram、Twitter、Facebookのソーシャルメディアチャンネルでも情報を発信しており、#ExactlyLikeNothingElseで最高の瞬間の数々をぜひご覧ください。オートグラフ コレクション ホテルは、また、マリオットの旅行プログラム、Marriott Bonvoy®(マリオット ボンヴォイ)に参加しています。Marriott Bonvoy®は、会員の皆さまに並外れたグローバルブランドポートフォリオやMarriott Bonvoy Momentsでの体験、そして無料ホテル宿泊に向けたポイントやエリートステータス昇格に向けた泊数獲得を含む、比類なき特典をお届けします。無料会員登録やプログラム詳細については、https://MarriottBonvoy.marriott.comをご覧ください。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram