JR東日本びゅうツーリズム&セールス、「TRAIN SUITE 四季島」2023年4~6月出発分の申込受付を開始

  • 2022年8月7日

 JR東日本びゅうツーリズム&セールスは7月28日、「TRAIN SUITE 四季島」2023年4~6月出発分の申込受付を開始した。

○ 「TRAIN SUITE 四季島」は、四季折々の東日本・北海道エリアの鉄道ならではの魅力ある旅を提供し、地域の様々な魅力を掘り起こし、情報を発信することで、「地域をつなぐ懸け橋」となって運行をしています。
○ このたび、「TRAIN SUITE 四季島」の旅について、2023年4~6月出発分を弊社にて販売致します。
○ また、2019年より総料理長に就いている佐藤滋(さとうしげる)に代わり、2023年4月より「TRAIN SUITE 四季島」総料理長に、現在、ホテルメトロポリタン 丸の内「Dining & Bar TENQOO」料理長を務める池内英治(いけうちえいじ)が新たに就任します。
~「TRAIN SUITE 四季島」でのご旅行~
2017年5月1日にJR東日本が運行を開始したクルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島」。車内には東日本の工芸品を多数設え、上野駅を発着地として東日本各地、北海道を巡るなど、一年を通して様々なコースを走行しております。 「TRAIN SUITE 四季島」でしか出会うことのできない、時間と空間の移り変わりを楽しむ上質な体験をご提供しております。

 

1.2023年4~6月出発分の運行概要
多くのお客さまからご好評をいただいている、「3泊4日コース/春~秋」、「1泊2日コース(山梨)/春~秋」、「1泊2日コース(長野)/春~秋」の3つのコースを継続して設定します。

(1)3泊4日コース  ※コース詳細はホームページをご参照ください。https://www.jreast.co.jp/shiki-shima/
「大自然の織りなす風景と、受け継がれてきた悠久の文化にふれる旅。」をテーマに、上野駅を出発し、北海道の函館・道南、そして本州に戻り、東北の文化に触れます。

(2)1泊2日(山梨・長野)コース ※コース詳細はホームページをご参照ください。https://www.jreast.co.jp/shiki-shima/
「みなとまちが育んだ豪商の粋と、豊かな里山の恵みを味わう旅。」をテーマに、上野駅を出発し、新潟県と山梨県または長野県(出発月により異なる)を巡ります。

2 ㈱JR東日本びゅうツーリズム&セールスにて販売する日程
(1)3泊4日コース出発日(月曜日出発)
2023年4月17日、 5月8日、6月5日・19日・26日

(2)1泊2日コース(山梨)出発日(土曜日出発)
2023年4月8日・22日・29日、5月6日・20日

(3)1泊2日コース(長野)出発日(土曜日出発)
2023年6月10日・17日

※㈱JR東日本びゅうツーリズム&セールスが販売する日程のみの表記となります。「四季島」の運行は上記以外にもございますので、その他の運行日については「TRAIN SUITE 四季島」サイトをご覧ください。

3.㈱JR東日本びゅうツーリズム&セールスが販売する商品概要
(1)旅行代金(お一人様)[単位:円]

(2)お申し込みについて
①申込受付期間
2022年7月28日(木)10時00分~2022年10月31日(月)18時00分 ※必着

②お申し込み方法
旅行のお申し込みは、ホームページまたは「TRAIN SUITE四季島」ご案内パンフレットに同封されている専用申込書にてお申し込みください。ご案内パンフレットの請求はホームページまたは「TRAIN SUITE四季島」ツアーデスクにて受け付けています。
【ホームページ】
https://www.jreast.co.jp/shiki-shima/
【電話】
「TRAIN SUITE 四季島」ツアーデスク
0570-00-7216(ナビダイヤル)営業時間10:00~17:30(休業日:水曜・土曜)

※お申し込みが多数の場合は、抽選とさせていただきます。
※抽選結果の発表は2022年11月下旬頃を予定しています。

4.「TRAIN SUITE 四季島」 次期総料理長の決定について
「TRAIN SUITE 四季島」では、「訪れる地」「本物の上質感」を感じていただき、感動体験を創出するこだわりの食を提供するため、現在は、日本ホテル株式会社統括名誉総料理長の中村勝宏が総監修、「TRAIN SUITE 四季島」初代総料理長の岩崎均が監修し、佐藤滋が総料理長に就いておりますが、2023年4月出発分より池内英治が佐藤に代わり、総料理長に就任します。池内総料理長就任後も、中村・岩崎両氏は引き続き行程中全ての料理を監修します。中村・岩崎・池内の3氏の力を結集し、こだわりを持った地域とのつながりや特別感を随所に演出した「記憶に残る料理」をお客さまへお届けします。

【池内英治(いけうちえいじ)プロフィール】
1972年茨城県生まれ
現職:ホテルメトロポリタン 丸の内
「Dining & Bar TENQOO」料理長調理専門学校(エコール・キュリネール国立)卒業後、1992年株式会社ホテルエドモント(現日本ホテル株式会社)へ入社。西洋料理では、日本人で初めてミシュランの星を獲得した中村勝宏に師事し、食材の仕入れから料理の仕上げまで全ての部門を経験。現職では、岩崎均のもと研鑽を積んだ。 

※本プレスに関わる写真や図は全てイメージです。
※行程・時刻等については、2022年7月現在の情報です。今後、変更となる場合があります。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram