JR東日本と宮城県・仙台市、MaaS実証実験を開始 

  • 2020年2月16日

サービスロゴ

域内の利用実態把握

 JR東日本と宮城県、仙台市は2月1日、仙台圏を訪れる人の利用動向の把握や、多言語化による訪日客の利用実態の把握を行う「仙台圏における観光型MaaS」の実証実験(STEP1)を開始した。サービス名称は「TOHOKU MaaS 仙台 trial」。エリア内での複数の移動手段や観光などの検索、予約、決済をシームレスに行える仕組みの構築を目指す。2月29日まで。

 仙台を中心としたエリアで実施。MaaS専用のスマートフォンサイトが設けられ、サイト内では「検索」「予約」「決済」ができるほか、エリア147カ所で使えるクーポンブックや土産が当たるスクラッチなど「特典」が用意されている。

 検索機能は、JR東日本アプリと連動。現在地から目的地までの経路を検索できる。地図上に観光地や飲食店、駅レンタカー、タイムズカーシェア、ホテルが表示される。予約機能では、駅レンタカー(仙台営業所)を予約できる。決済機能では、仙台を中心としたエリアのJR、地下鉄、バスを2日間自由に乗降できる「仙台まるごとパス」や国分町38店舗でお勧めの料理やドリンクが楽しめる「国分町バル」のデジタルチケットをクレジットカードで購入できる。

 サービスロゴは、東北6県をスマートフォンの形にしたもので、東北の山と空をイメージした色を使用している。

 今後は、取得したデータを分析し、2020年度の実証実験(STEP2)や、21年4~9月に開催される「東北デスティネーションキャンペーン(DC)」での導入に向けたサービス内容の検討などが行われる。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram