JR東とANAが提携カードを発行

  • 2008年10月18日

 JR東日本とANAは22日から両社の提携カードである「ANA VISA Suicaカード」の発行を新たに始める=写真。ANAカード、ビューカードとして使えるほか、電子マネー「Suica」としての利用やカードでの航空機の搭乗ができる。予約、購入サイトのIDなどを共通化も行い、利用者の利便性向上を図る。

 同カードは、年会費2100円で利用できる。ANAグループやスターアライアンス便の搭乗やクレジットカードの利用でマイレージを貯めることができる。また同カード1枚で、Suicaとして電車に乗ったり買い物したりできるほか、事前に航空便の予約、決済、座席指定をした場合にはチェックインなしで搭乗できる「SKiP機能」を使うこともできる。会員の目標人数は、2〜3年以内に30万人。

 提携カードの発行に先立ち10月8日からは、JR東日本とANAがそれぞれ提供する個人向けウェブサービス「えきねっと」「ANA SKY WEB」、法人向けウェブサービス「ビジネスえきねっと」「ANA@desk」のサイト間を移動の際に必要だったIDやパスワード入力をなくすなどしてシームレス化。JR券と国内航空券の予約、購入をスムーズに行えるようにした。JR東日本はJALとも提携カードを発行しているが、カードイメージ両社間でもウェブサービスのシームレス化を行っている。
 
 また11月4日からはANAグループの全日空商事が展開する売店「ANA FESTA」のうち、羽田空港内の14店舗でSuica電子マネーを導入。Suicaでの買い物を可能にする。

 提携カードの発行は、昨年12月に発表した、両社の包括提携の一環。今年3月からは、両社の旅行会員組織「大人の休日倶楽部」「旅達」の各会員に、高品質の共同企画旅行商品などの提供、販売を行い、両社の特性を補完しあい、需要拡大を図っている。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram