JR四国、新たな観光列車を来年高知で運行

  • 2019年3月2日

 JR四国は新たな観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」を来年春ごろから土讃線高知―窪川間で運行する。「伊予灘ものがたり」「四国まんなか千年ものがたり」に次ぐ三つ目の観光列車。

 「文明開化ロマンティシズム」をコンセプトにデザインした2両編成の車両で、定員約50人。土日祝日を中心に1日1往復運転する。外観、内装などデザインはこれまで同様、同社社員が担当した。

関連する記事

阪急交通社が4月11日発表した2月の旅行取扱額は、前年同月比10.5%増の235億4381万円だった。うち、国内は北海道のふっこう割商品や北陸の冬の味覚を味わう商品が好調…

続きを読む

東武トップツアーズが4月15日に発表した2月の販売実績は、総取扱額が前年同月比8.9%減の78億8923万円となった。国内旅行は7.0%減の53億3905万円だった。 …

続きを読む

日本旅行の今年2月の販売実績は、総販売高が前年同月比10.2%増の322億8458万円だった。国内旅行が14.4%増の203億3118万円と2桁増。海外旅行、国際旅行もそ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube