JR四国、新たな観光列車を来年高知で運行

  • 2019年3月2日

 JR四国は新たな観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」を来年春ごろから土讃線高知―窪川間で運行する。「伊予灘ものがたり」「四国まんなか千年ものがたり」に次ぐ三つ目の観光列車。

 「文明開化ロマンティシズム」をコンセプトにデザインした2両編成の車両で、定員約50人。土日祝日を中心に1日1往復運転する。外観、内装などデザインはこれまで同様、同社社員が担当した。

関連する記事

KNT-CTホールディングス、メルカリ・メルペイと連携 KNT―CTホールディングス(HD)は4日、スマートフォンでフリーマーケットの利用ができる「メリカリ」を運営するメ…

続きを読む

クラブツーリズムは8日、フリーマーケットアプリ「メルカリ」の使用方法を教える講座「メルカリ教室in秋のテーマ旅フェスタ」=写真=を東京・新宿の新宿アイランドウイングで開催…

続きを読む

温泉宿泊サービスを提供するゆこゆこホールディングス(東京都中央区、ゆこゆこ)は10日、通常より得に泊まれる特別プランを販売する「ゆこゆこ秋の大感謝祭キャンペーン」=写真=…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube