JR四国、新たな観光列車を来年高知で運行

  • 2019年3月2日

 JR四国は新たな観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」を来年春ごろから土讃線高知―窪川間で運行する。「伊予灘ものがたり」「四国まんなか千年ものがたり」に次ぐ三つ目の観光列車。

 「文明開化ロマンティシズム」をコンセプトにデザインした2両編成の車両で、定員約50人。土日祝日を中心に1日1往復運転する。外観、内装などデザインはこれまで同様、同社社員が担当した。

関連する記事

日本旅行業協会(JATA)は、会員旅行会社を対象に夏休みの人気旅行先調査を実施し、その結果を2日に発表した。国内旅行は北海道が6年連続でトップだった。 2位が沖縄、3位…

続きを読む

エイチ・アイ・エスは16日、スペインのプロサッカーリーグ「リーガ・エスパニョーラ」と日本初のオフィシャルパートナー契約を締結したと発表した。 株式会社エイチ・アイ・エス…

続きを読む

食事・土産施設や貸し切りバス事業者などで構成する農協観光協力みのり会は2日、東京都江東区のホテルイースト21で令和元(2019)年度の通常総総会を開いた。任期満了に伴う役…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube