JR北海道、都市間輸送実績がGWは22%増に

  • 2019年5月25日

 JR北海道は7日、ゴールデンウイーク(4月26日~5月6日の11日間)の利用状況を発表した。都市間輸送実績(主要4線区特急列車上下計)は33万8900人、対前年22%増となった。

 北海道新幹線(新青森~新函館北斗)は12万300人、対前年45%増。一部の列車に遅延が生じたが、おおむね良好な運転状況だった。

 在来線は21万8600人、対前年12%増。4月27日に函館駅で発生した鳥の巣による停電の影響で、はこだてライナー1本が運休したが、期間を通して大きな輸送障害もなくおおむね良好な運転状況だった。

関連する記事

日本旅行と損保ジャパンは、「災害発生地区への緊急配備体制に関する業務委託契約」を締結した。 損害保険ジャパン日本興亜株式会社(社長:西澤 敬二、以下「損保ジャパン日本興亜…

続きを読む

近畿日本ツーリスト関東は、「刀剣乱舞-ONLINE-」オリジナルグッズ付旅行プランを発売した。 KNT-CTホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区 社長:米田 昭正…

続きを読む

ANAセールスは7月25日、2019年度下期商品として、家族やグループ旅行におすすめの国内旅行商品「『旅ドキ』シリーズ」の発売を開始した。早期割引や施設利用割引、ANA工…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube