JNTO、全国通訳案内士試験の願書を25日から受付開始

  • 2018年5月16日

 日本政府観光局(JNTO)は4月27日、通訳案内士法に基づく国の試験事務代行機関として実施する2018年度の全国通訳案内士試験の実施予定を発表した。出願は、インターネットによる電子申請、書面の申請いずれも可能で、受付期間は5月25日~6月25日。

 今年1月の改正通訳案内士法の施行で、国家試験に合格した通訳案内士の名称は、「全国通訳案内士」となった。有償での通訳案内は無資格者でも可能になったが、「全国通訳案内士」やその類似名称を名乗って業務ができるのは、国家試験に合格し、都道府県知事に登録した、高度な外国語能力、日本の観光に関する質の高い知識を備えた者に限られる。

 試験の日程は、筆記試験が8月19日。筆記試験の合格発表が11月8日(予定)。口述試験が12月9日。最終合格発表が来年2月8日(予定)。

 試験対象の外国語は、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、韓国語、タイ語。

 筆記試験では、外国語のほか、日本地理、日本歴史、産業・経済・政治・文化に関する一般常識、通訳案内の実務を問う。口述試験は面接形式で、外国語によるコミュニケーションやホスピタリティなど、実践的な能力を判定する。

 筆記試験の会場は、札幌市、仙台市、東京近郊、名古屋市、大阪近郊、広島市、福岡市、沖縄県。準会場として登録されている国際外語・観光・エアライン専門学校(新潟市)、熊本外語専門学校(熊本市)も選択可能。海外は、韓国ソウル市(韓国語試験のみ)と、台湾台北市(中国語試験のみ)。

 口述試験の会場は、英語、中国語、韓国語が東京近郊、大阪近郊、福岡市で、他の外国語については東京近郊となる。

関連する記事

観光庁の田端浩長官は1日、観光庁発足10周年を迎えてコメントを出した。全文は次の通り。 ◇◇ 今から10年前の2008年10月、観光立国の実現に向け、政府を挙…

続きを読む

観光庁は5日、訪日外国人旅行者の消費拡大につながる体験型コンテンツを開発する2018年度の新規事業「最先端観光コンテンツインキュベーター事業」でモデル事業13件を選定した…

続きを読む

従事者数は増加   総務省はこのほど、サービス産業動向調査の7月分速報を公表した。同月の宿泊業(旅館・ホテル、簡易宿所、下宿業)の売上高は前年同月比6.1%減の…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

日本舞踊の山村若瑞(2016ミス日本酒奈良代表)さんが来社!