JATA東北支部、採用内定者を対象に仙台空港でセミナー

  • 2018年10月15日

仙台空港を見学する採用内定者

 日本旅行業協会(JATA)の東北支部(森吉弘支部長)は1日、仙台国際空港ターミナルで次年度採用内定者を対象とした合同セミナーを実施した。日本旅行東北、近畿日本ツーリスト東北、名鉄観光サービス、山新観光のJATA東北支部加盟の4社の役員14人と内定者26人が2班に分かれ、航空会社の運航事務所とバックヤードを見学。航空会社から運航業務について説明を受けた。

 来賓の岡崎勝彦・仙台国際空港取締役営業推進部長は「観光業界のGDPは世界全体の10.4%、就労者は9.9%を占める成長産業となった。その仕事のお手伝いをするのが皆さんだ」と内定者を激励した。

 石垣隆久副支部長が「仙台国際空港は民営化になって2年。本日は普段入れないバックヤードから飛行機が飛び立つまでの業務を理解し、思い出深いセミナーになることを期待する」とあいさつ。

 野﨑佳政副支部長は「東北全体での内定者は約100人。その力を結集し、訪日客とパスポート取得率の大幅増を目指してがんばろう」と呼び掛けた。

 昼食は機内食を試食し、採用担当の役員らと意見交換を行った。また、空港職員の鈴木慶太氏が「民営化以降の仙台空港の将来について」と題し、講演した。

 合同セミナーは仙台国際空港が完全民営化されてから始まり、今年で3回目となる。


仙台空港を見学する採用内定者

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram