JARC、賀詞交歓会で宿泊施設テーマにパネルディスカッション

  • 2019年2月11日

パネルディスカッション

 宿泊施設関連協会(JARC、林悦男理事長)は4日、賀詞交歓会を東京都港区のアジュール竹芝で開いた。約150人が出席した。パネルディスカッション「地域のさらなる活性化を目指し、宿泊施設が担う役割・貢献について」には、観光品質認証協会統括理事の北村剛史氏、井門観光研究所取締役の井門隆夫氏、沖縄観光の未来を考える会代表理事の金城仁氏、やまとごころ代表取締役の村山慶輔氏が登壇した。

 インバウンド市場の現状について、北村氏は「世界観光機関によれば2030年の国際観光市場は18億人で、最大市場がアジアと予測されている」と解説した。訪日市場では村山氏が「マーケットが団体客から個人客に急速にシフトしている」と指摘。沖縄については、金城氏が「沖縄県の観光客数984万人のうち270万人がインバウンドで、そのうち100万人がクルーズ客。県は2030年までに観光客数1300万人、その半分がインバウンド客という目標を掲げている」と説明した。

 一方で井門氏は「インバウンドに依存しすぎている。日本人マーケットをいかに回復させるかにも注力すべき」と提言した。

 今後の観光の展望については、「地方にラグジュアリーホテルが足りないと言われているが、品質向上を図れば、世界に通用するラグジュアリー施設になり得る旅館が数多くある」(北村氏)、「旅館は客単価を上げることが最も重要」(井門氏)、「観光ブームの沖縄には外部の投資が次々と入ってきている。行き過ぎると地元の人が住めなくなってしまう危険性もある」(金城氏)、「オーバーツーリズムが問題になっているが、観光地の宿泊施設にとっては、平日のインバウンド客は救世主と捉えることもできる」(村山氏)などと話した。


パネルディスカッション

関連する記事

世界遺産・国宝 姫路城で、映像とイルミネーション「おとぎ幻影伝」が11月9日から開催される。 姫路城の秋の風物詩ともいえる夜間の展示・演出イベントの開催が今年も決定しまし…

続きを読む

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、毎年大人気を博している『ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン』を2019年9月6日(金)~11月4日(月・祝)の期間限定で開催します。…

続きを読む

タカラトミーは、鉄道博物館でプラレール60周年記念展「プラレール博物館~昭和・平成・そして令和へプラレールの歴史~」を19日から始めた。 株式会社タカラトミー(代表取…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube