JAL2%増、ANA5%増 国内お盆期間

  • 2019年8月14日

 日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)は2日、国内線のお盆期間(8月9~18日)予約状況を発表した。JALは、前年同期比2.2%増の114万1277人、ANAは同4.5%増の152万7613人となった。

 JALは、東北・北陸や関西方面が好調に推移。ANAは、沖縄、北海道方面に加え、東北・北陸、九州方面が好調に推移した。

 予約率はJALが80.3%、ANAが79.1%だった。

関連する記事

楽天(三木谷浩史代表取締役社長兼会長)は7月31日から8月3日の4日間、楽天グループとして過去最大規模のイベント「RakutenOptimism2019」を横浜市のパシ…

続きを読む

大阪と韓国・釜山を結ぶ定期客船パンスタードリーム号を扱うサンスターライン(大阪市中央区・野瀬和宏社長)は、創立20周年記念企画の第3弾を発表した。20歳限定で、大阪―釜山…

続きを読む

日本航空(JAL)、全日本空輸(ANA)は2020年、成田―ウラジオストク(ロシア)線をそれぞれ就航する。JALは来夏から開設し、夏ダイヤ中は毎日運航する。ANAは来年3…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube