HMIホテルグループ、「第4回料理コンテスト」開催

  • 2019年10月5日

各賞に選ばれた料理人たち

新メニューにつながる料理を審査

 全国60の旅館・ホテル、スポーツ施設などを運営するホテルマネージメントインターナショナルグループ(東京都中央区・比良竜虎社長、以下HMIホテルグループ)は4日、静岡県浜松市のホテルクラウンパレス浜松で、同グループ内の施設に勤務するシェフを対象とした「第4回料理コンテスト」を開催した。

 コンテストへの応募総数は78件。最年少は18歳から、最年長は56歳と、年齢や経験に関係なく応募が集まった。

 コンテスト当日は、書類選考を通過したシェフ30人が料理を披露。同社の役員、ホテル統括支配人、料理長ら10人が審査に当たった。前菜、メイン、スイーツなどの部門に分かれて、独創性に優れた各料理を審査。盛り付けの美しさ、味、販売や商品化できるメニューであるかを評価し、採点を行った。

 また、今回から「商品化できる」「メニュー化への即効性」「グループ内共通メニューになり得る」料理を、HMIホテルグループの名物料理として商品化を目指す「メニュー化特別推薦賞」を新設し、表彰した。各賞を受賞したメニューの一部は、順次各施設で提供されるとのこと。

 受賞メニューは以下の通り(受賞者の敬称略)。

 【前菜部門】グランプリ=鱧(はも)のタルタル初夏の八寸・上村丹史(湯本観光ホテル西京)

前菜部門グランプリ

 【メインディッシュ部門】グランプリ=福岡県産野菜とパンタードのバロティーヌ トリュフ風味のコンソメ仕立て・鳥山慶樹(ホテルクラウンパレス小倉)

メインディッシュ部門グランプリ

 【スイーツ部門】グランプリ=ほうじ茶香るソレイユ・シュクルスフレ 黄色い球体に情熱を閉じ込めて…・市塚夕扇(つま恋リゾート彩の郷)

スイーツ部門グランプリ

【メニュー化特別推薦賞】ハーブ香Cube寿司(ずし)・鈴木清香(グランドホテル浜松)▽ふわふわ玉子のひつまぶし雑炊・早野寛(グランドホテル浜松)▽仙台名物「定義山三角油揚げ」で牛タンケバブ風・曽根浩文(ホテル亀屋)

各賞に選ばれた料理人たち

 

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram