GW、20、30歳代の半数が旅行に

  • 2009年5月23日

 クチコミ旅行情報サイト「フォートラベル」の運営などを行うフォートラベル(東京都新宿区、野田臣吾社長)が同社サイトユーザーを対象に行った調査で、20代、30代の半数以上が何らかの形でゴールデンウイーク(GW)期間中に旅行に出かけたことが明らかとなった。一方50代以上の半数以上は自宅中心で過ごしていた。同社ユーザーを対象とした調査ながら、「旅行に出たがらない若者」との声に反する結果となった。

 調査期間は今年4月30日〜5月11日。同社サイトのトラベラー会員からの回答3246件をもとに分析した。  GW期間中の過ごし方は「自宅中心で過ごす」が全体の41.1%で最も多く、以下「国内旅行(宿泊を伴う)」が16.8%、「日帰り旅行」が11.9%で続いた。

 世代別に、「旅行に出かけた人」(「海外旅行」「国内旅行(宿泊を伴う)」「帰省」「日帰り旅行」に行った人の合計)を見ると、「20代」が53.7%で最も多く、以下「30代」が52.7%、「40代」が48.1%。「50代」「60代以上」ではさらに減少しており、年代が上がるにつれ旅行に出ない傾向が見てとれる結果となった。

 「自宅中心で過ごす」人の割合は、60代以上が62.6%と最も高く、以下年代が下がるにつれ占める割合は減少している。

 宿泊旅行に限った割合では、20代が29.4%、30代が31.7%、40代が30.5%で、3つの年代間に大きな開きはなかった。

 国内旅行については、旅行日数の平均は3.3日、費用平均は1人4万5千円だった。このうち宿泊費は平均2万4千円、交通費は約2万1千円。

 利用した交通手段は、「車・レンタカー」が62.3%で1位。以下、「飛行機」が22.6%、「電車(新幹線以外)」が22.2%。車利用者の内訳は、「車のみ」が49.8%、「他交通機関との併用」が12.5%だった。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram