GoTo予算、繰越せず一部返納も

  • 2022年3月28日

観光庁「再開の必要額は確保」

 Go Toトラベル事業は、年度内の3月末までに実施の見通しが立たないため、予算の一部を2022年度に繰り越すことができず、「不用額」として国庫に返納される可能性がある。20年度に計上された予算のうち未支出の約7200億円が返納の対象だが、金額は確定していない。観光庁は、新たなGo Toトラベル事業を1月下旬にも開始する想定で、1兆3239億円の予算を確保していたが、減額の懸念がある。

 観光庁の和田浩一長官は18日の会見で、「予算の一部は、今年度内にGo Toトラベル事業としての支出ができない見込みであるため、22年度への繰り越しができず、『不用』にせざるを得ないものと認識している。一方で、22年度に繰り越し可能な予算もあり、新たなGo Toトラベル事業のために必要な予算は確保している」と述べた。

 国庫返納の可能性があるのは、Go Toイート・イベント・商店街を含む経済産業省所管の「サービス産業消費喚起事業」の一部として、Go Toトラベルに計上された20年度第1次補正予算の1兆3542億円と20年度予備費の3119億円の合計額のうち、未支出の約7200億円。2度の繰り越しができないため、財政法に照らして国庫返納が判断されるという。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram