GoToトラベル 取消料対応費用の適切な配分、旅行業85% 宿泊業67% 観光庁「引き続き対応と報告求める」

  • 2022年7月13日

 観光庁は6月29日、2020年度に実施されたGo Toトラベル事業に関して、旅行事業者、宿泊事業者を対象としたキャンセル料対応費用の配分に関するアンケート調査の結果を公表した。給付されたキャンセル料対応費用を取引先の事業者に適切に配分(配分予定、配分の必要なしを含む)していたのは、旅行事業者で全体の85.4%、宿泊事業者で67.1%となった。

 Go Toトラベル事業は新型コロナウイルスの感染拡大で、20年11月24日以降に5都市で順次停止、12月28日には全国で停止された。この運用変更に伴い、国の予算から旅行事業者、宿泊事業者にキャンセル料対応費用として21年2~7月に約407万件、約1157億円が給付された。

 費用支援の基準は、取り消された旅行代金の35%(上限1人泊1万4千円)、年末年始は50%(同2万円)だった。旅行事業者はキャンセルの影響が及ぶ宿泊施設、交通事業者、観光施設などに配分し、宿泊事業者は食材やリネンの業者などに配分することになっていた。

 アンケート調査は21年10月に開始し、今年にかけて回答を回収した。旅行事業者(調査対象・3264事業者)の回答は、関連事業者へ配分を行った65.9%▽関連事業者へ配分を行う予定5.2%▽配分の必要がなかった14.3%▽配分を行っていない2.3%▽未回答12.3%。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram