Go To 割引率を維持、事業者に追加予算配分 赤羽国交相 

  • 2020年10月13日

赤羽国交相(13日の会見)

 Go Toトラベル事業の対象商品の割引率を独自に引き下げるなどの動きがオンライントラベルエージェントなどで相次いだことを受け、赤羽一嘉国土交通相は13日の会見で、消費者に混乱を招くとして、旅行・宿泊代金の割引率は総額の35%を堅持し、事業者に統一させる方針を示した。割引率の維持に向けて事業者に対する予算枠の追加配分も行う。

 Go Toトラベル事業の割引は、旅行・宿泊代金の2分の1相当を支援。上限額は1人1泊当たり2万円(日帰りは1万円)。代金の総額の35%を宿泊割引として、15%を地域共通クーポンの付与として実施してきた。赤羽国交相は「この方針をしっかり堅持していく」と強調した。

 割引率の引き下げなどを実施している事業者については、「元通り35%の割引商品を継続して販売していけるよう、観光庁に必要な対策を指示した。各事業者では、遅くとも14日午前中までには35%の割引を再開するとの報告を受けている」(赤羽国交相)。

 事業者による割引率の引き下げなどの動きは、販売・予約が短期間に伸び、国から段階的に配分されている当面の予算枠を使い切る恐れが出てきたためとみられる。

 今後の旅行事業者などに対する予算配分について赤羽国交相は「(Go Toトラベル事業の)予算はただちに枯渇するような状況ではない」「事業者の予約・販売状況を適切に把握し、可能な限り機動的に予算枠の追加配分を行う仕組みに改めていきたい」と述べた。

赤羽国交相(13日の会見)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram