Go To トラベルで宿の直販を支援 ステイナビ

  • 2020年8月4日

 宿泊施設の公式サイト検索サービス「STAYNAVI(ステイナビ)」を運営するピアトゥー(本社・東京都港区)はこのほど、ステイナビのシステムを活用した、宿泊施設のGo Toトラベルキャンペーン対象商品の直販支援サービスを始めた。宿への直接予約の促進や、キャンペーンに関わる各種の業務を宿泊施設に代わり行うもので、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会(全旅連)など宿泊団体と連携、運用している。

 ピアトゥーは、宿泊施設がGo Toトラベルキャンペーンの対象商品を直販する際、契約が必要な第三者機関にこのほど承認された。同社は不正防止を目的とした予約記録の管理など、第三者機関としての機能に加え、ステイナビでの宿の公式サイトの紹介、誘導、割引クーポンの顧客への発行、給付金のキャンペーン事務局への申請など、キャンペーンに関わる各種の業務を行う。
 宿泊者は宿の公式サイトか電話でキャンペーン商品を予約した後、ステイナビのサイトに予約情報を入力し、割引クーポンを受け取る。
 宿泊施設は「委託管理料」として販売額の1.5%をピアトゥーに支払う。ほかのシステム利用料などは発生しない。ピアトゥーは「旅行代理店経由と比べて仲介手数料の負担がなくなるため、削減分を顧客還元や、コロナ禍における安心・安全な旅の提供に向けた対応に充てることが可能になる」と、同システムと直販の利点を述べている。

 ステイナビを利用するには登録が必要。全旅連、日本旅館協会、全日本シティホテル連盟の会員には、登録に必要なIDをファクスで送付している。登録は3団体の会員以外もできる。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram