ベストセレクション

Arrow
Arrow
Slider
南三陸の海の大パノラマや自然の造形美、深層天然温泉、海鮮料理に感動。

南三陸ホテル観洋宮城県/南三陸温泉

複雑に入り組むリアス式海岸の崖の上で、太平洋を抱くように君臨する10階建の白亜リゾート、ホテル観洋。居ながらにして眺める海景色がすばらしく、三陸海岸随一のロケーションを独り占めした気分になる。着いた翌朝にぜひ体験して欲しいのが、目の前に広がる志津川湾めぐりだ。10時半頃から約1時間の遊覧クルーズが楽しめる。洋上から眺めるのはリアス式海岸の荒々しい岬や波に洗われた岩肌、湾に浮かぶ荒島、野島、国天然記念物の椿島などの景勝。海に向かって翼を広げたようなホテル観洋も見上げることができる。乗船中はウミネコやカモメも遊びに来る。手を伸ばせば届く近さまで寄ってくる。海のすばらしさ、生き物との共存、自然の造形美、それらを目にし感じるだけでもホテル観洋に泊まる価値がある。

海眺めの時間にも癒される。全室にオーシャンビューともオーシャンフロントともいえる遮るものが一切ない大景観が広がり、朝な夕なに移り変わっていく大海原のドラマチックな表情を目の当たりにできる。晴れた日の滞在ならば、水平線に昇る朝日と朝焼けが繰り広げる荘厳な海のドラマが必見。朝寝坊は禁物だ。窓を開ければ餌を求めてカモメがやってくる。そんなふれあいもここでしか体験できない楽しみだ。客室タイプは海側和室を中心に、海を望む風呂やサウナ付の準特別室や特別室が用意されている。空中に浮かんでいるような開放感と和のやすらぎは全室共通だ。また、宮城県では太平洋岸に湧き上がる温泉はここだけ。それも地下2千mから湧き上がる深層天然温泉だ。海に突き出た絶景露天風呂では、カモメが飛び交う中、紺碧の海を眺めて過ごす感動の一瞬に出会えるかもしれない。男湯は緑と和の趣が融合した岩風呂、女湯は洞窟をイメージした造りになっている。さらに大ガラス越しに海を眺める大浴場も東館2階と南館4階に男女それぞれあって、湯面と海がひとつにつながっているような錯覚も楽しめる。

南三陸町は海の幸のメッカ。夕食は全国に魚を出荷する阿部長商店が経営するホテルならではの海鮮和食御膳に舌鼓を打つ。魚介の新鮮さ豊富さは群を抜く。中でも旬の食材を贅沢に使用した「南三陸キラキラ丼」は「フード・アクション・ニッポンアワード2014審査委員特別賞」を受賞した逸品。季節ごとに4種類の丼を楽しめる。ホテル観洋の女将が「食で町起こし」をするために発案、町内の飲食店に呼びかけて誕生したもので今年9年目を迎えた人気メニューだ。「鮑の踊り焼き」や気仙沼産の「ふかひれの姿煮」などホテルの名物料理にも食指が動くことだろう。

東日本大震災で甚大な被害を受けた南三陸において、ホテルはスタッフによる『震災を風化させないための語り部バス』を一日も欠かすことなく運行し、多くの人に震災の現実を知らしめ、防災や減災の学びの場を提供してきた。その取り組みが評価され、『第3回ジャパン・ツーリズム・アワード』の大賞を受賞するという栄誉を得た。ホテルではこれがゴールではなく、未来に向けた新たなスタートとしたいと語っている。

朝の食のおもてなし

海辺の旅館らしく、朝からお刺身が食べられることと、気仙沼の魚介類を使用したチャウダーがおすすめです。1~2月には生ワカメのしゃぶしゃぶも味わうこともできます。しかし、何といっても志津川湾の景色が一番のごちそうでしょう。天気の良い日は日の出をご覧いただきながらお召し上がりいただけます。

基本情報

住所:〒986-0766 宮城県本吉郡南三陸町黒崎99-17
交通:【電車】JR気仙沼線代行バス(BRT)陸前戸倉駅から車で約5分【バス】宿泊者限定無料シャトルバス(JR仙台駅東口13:30発)
   【自動車】三陸自動車道桃生津山ICから国道45号線、約18km 【飛行機】仙台空港からタクシー約90分 【駐車場】乗用車200台
   【送迎】陸前戸倉駅から(要予約・要到着後電話)
TEL:0226-46-2442 FAX: 0226-46-6200
URL:http://www.mkanyo.jp

◆建物/鉄筋10階建 ◆客室/和室205・洋室18・和洋室21(計244室) ◆全室バス・シャワートイレ ◆食事/夕食:和食、朝食:バイキング ◆食事場所/夕食:レストランまたは大広間、朝食:コンベンションホール ◆館内施設/宴会場(10室、64~345畳)、コンベンションホール(500人)、レストラン(93席)、カラオケ(6室)、クラブ、麺どころ、喫茶、ティーラウンジ、ゲーム、売店、エステサロン、託児所、結婚式場 ◆料金/12,960円~30,240円(税込) ◆チェックイン15:00、チェックアウト10:00  ◆日帰り入浴/大人820円(税別、利用時間11:00~21:00、露天風呂は12:00~) ◆震災を風化させないための語り部バス/大人500円・小人250円

クチコミ