APU、「サステイナビリティ観光学部」の学びの特徴を発表

  • 2022年9月24日

 APUは12日、「サステイナビリティ観光学部」の学びの特徴を発表した。

立命館アジア太平洋大学(所在:大分県別府市、学長:出口治明、APU)は、2023年4月に開設する「サステイナビリティ観光学部(英:College of Sustainability and Tourism)」について、2022年9月12日(月)の記者発表にて当学部における学びの特徴と学部所属教員などを発表いたしました。
「サステイナビリティ観光学部」は、日本で唯一のサステイナビリティ観光学を学べる学部です。社会課題解決という使命から生まれた学びを理論と実践の両輪からアプローチするこの学部は、持続可能な社会に必要な4つの要素「環境・社会・経済・文化」を複合的に学ぶことができる、先進的でユニークな学部です。

地球規模のあらゆる課題を解決するためには、グローバルな観点から、地域の資源(人間、環境、文化、歴史、景観など)に価値を見い出し、保護しつつも世界へ発信し、持続的な発展を実現する地域社会をつくる人材の育成が必要不可欠です。

 

一般に、持続可能な社会の実現のためには、「環境、社会、経済、文化」の4つの要素が必要だと言われています。現在の一般的なサステイナビリティ学とは、その多くが理工系学部にあり、例えば環境問題に対して気候変動など今起きてている現象のメカニズムを解明し、その解決方法を探究するという、4つの要素の中でも特に“環境”に主眼を置いたアプローチが主流となっています。

これに対してAPUのサステイナビリティ観光学部では、こうした現象のメカニズムを理解した上で、文系アプローチで循環型地域社会を実現するための学びを提供するため、環境だけでなく、社会、経済、文化の要素を修得することができるカリキュラム設計となっています。また、「環境、社会、経済、文化」は、いずれも「観光」と非常に密接に関係しており、持続可能な社会実現のためのツールであるため、サステイナビリティ学と観光学を組み合わせて学ぶ本学部は、非常にユニークで先進的な学部であると言えます。

本学は観光学の教育・研究をリードする教育機関を認証する制度であるTedQual認証*1の、日本では3校しかない認証取得校のうちのひとつです。その知見を活かしながら、新学部では国を越えた世界共通の価値であるサステイナブルを学ぶことで、これからの観光学をリードします。

*1 国連世界観光機関(UNWTO)、TedQual認証について
UNWTOは、1975年1月に観光に関する国際機関として設立され、2003年に国連の専門機関に移行した観光に関する世界最大の国際機関です。観光の地位・競争力の向上、持続可能な観光の推進、観光を通した貧困削減や開発の推進等を支援しています。http://www2.unwto.org/(外部リンクへ飛びます。英語のみ)
UNWTO. TedQual認証取得校・機関は、下記ホームページをご覧ください。
https://www.unwto.org/institutions-unwtotedqual-certified-programmes(外部リンクへ飛びます。英語のみ)

■「サステイナビリティ観光学部」新設の背景
グローバル化が進み国境を越えたつながりが強くなった一方で、資源の枯渇、環境汚染、気候変動といった環境問題や、グローバリゼーションによる地域文化の消滅、格差社会などといった地球規模の問題が深刻化しています。経済発展を進めていく上でも、環境保全の要素をプロジェクトに取り入れたり、地域の個性(自然、歴史、文化)を磨いて、観光資源としてプロデュースする等といった、地球のあらゆるものごとの持続可能性を視野にいれた社会活動やビジネスの推進が、今後ますます重要です。

そこで、持続可能な社会、経済、環境に大きなインパクトを与える「観光」に注目し、サステイナビリティ学と観光学の両面から学ぶことで、持続可能な社会と観光にかかわる現代的な課題や地球規模の問題を解決することのできる人材を育成することを目的とし、本学部を開設することに至りました。

■「サステイナビリティ観光学部」3つの独自性
 学ぶ領域:日本で唯一サステイナビリティ観光学」を学べる学部
日本初のサステイナビリティ観光学を学べる学部で、世界的にも先進的な学びであるサステイナビリティと、21世紀最大の産業の一つとなる観光(ツーリズム)のどちらの専門性をも修得できます。

 学び方:理論と実践のアプローチから主体的に学ぶ
持続可能な社会に必要な「環境・社会・経済・文化」の4要素を網羅した9つの専門型科目群から、自ら学びたい領域を組み合わせて知識を深めることができる独自のカリキュラム。理論と実践を積んで体得することで、即戦力を育み、多様なキャリアを目指せます。

 多様性と実践力に満ちた教員世界12の国と地域から迎えた確かな専門性をもたらす25
サステイナビリティ学、観光学、また双方を統合した専門領域を持つ、25名の教員を12の国と地域から迎えました。環境・観光・国際協力・まちづくり・ICT 分野のスペシャリストや、世界的なトップ学術誌の編集者、論文発表者、また経済協力開発機構(OECD)や国連世界観光機関(UNWTO)、日本政府、自治体等での政策提言経験を持つ教員が揃っています。それぞれの学術分野で国際的な経験とネットワークを持つ多様性ある教員が、「サステイナビリティ観光学部」の9つの専門領域に対応する、幅広い学びを全面的にサポートします。

■学部概要
入学定員 :350名
学部名称 :サステイナビリティ観光学部 College of Sustainability and Tourism
サステイナビリティ観光学科 Department of Sustainability and Tourism
開設年月 :2023年4月
学部長  :李 燕/リ エン Li Yan (予定)
キャンパス :〒874-8577 大分県別府市十文字原1-1

■今後の予定/入試スケジュール
2022年9月8日  出願開始(国際学生)
2022年9月29日  総合選抜型入試出願開始(国内学生)
2022年11月10日 2023年9月入学 出願開始(国内学生)
2023年1月6日  一般選抜型入試出願開始(国内学生)
2023年4月1日  サステイナビリティ観光学部 開設
2023年4月10日  サステイナビリティ観光学部 授業開講

その他の情報については、本学ホームページなどの発表をご参照ください。
公式ホームページ https://www.apu.ac.jp/home/newapu/
公式YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/RitsumeikanAPU

■立命館アジア太平洋大学(APU)について

立命館アジア太平洋大学(APU)は、94の国と地域出身の外国人留学生が学生の半数を占め、英タイムズハイヤーエデュケーション(THE)世界大学ランキング2022日本版では、「国際性」全国1位の評価、2023年版QS世界大学ランキングでは、国内私大全国5位の評価をを受けている大分県別府市にある大学です。

国内でも有数の国際環境のもとで、多文化協働学習などの教育システムを確立し、日本のグローバル教育を牽引しています。マネジメント教育の国際認証AACSB(米国)、AMBA(英国)、国連世界観光機関の観光学教育の国際認証TedQualを取得し、世界でも最高水準の教育機関として認証を受けています。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram