ANAとピーチ、民泊エアビーと提携

  • 2017年11月13日

共同記者会見した(左から)志岐、田邉、井上の各氏

 ANAとANA子会社のLCC・ピーチは6日、世界一の民泊予約サイト・Airbnb(エアビーアンドビー)とパートナーシップ契約を締結したと発表した。日本の航空会社とエアビーアンドビーが提携するのは初めて。

 ANAの志岐隆史代表取締役副社長、エアビーアンドビー・ジャパンの田邉泰之社長、ピーチの井上慎一代表取締役CEOは同日、3社共同記者会見を開いた。

 ANAは同日、特設ウェブサイト「ANA・Airbnb暮らすように旅しよう♪キャンペーン」(https://www.ana.co.jp/domestic/promotions/special-info/ana-airbnb-campaign/)を開設。同サイト経由でエアビー掲載施設の予約・支払いをすると、宿泊代が3千円割引となり、ANAマイレージが最大200マイル付与されるキャンペーンを始めた。

 ピーチも同日、エアビーとのコラボレーションページ(http://www.flypeach.com/campaign/airbnb/)を開設。エアビー宿泊の新規予約に使えるエアビー宿泊クーポン3千円の配布を始めた。また、C2C(個人間取引)型の旅行予約サイト「COTABI」を来春から始めることも発表。ピーチの航空座席、エアビーの宿泊、現地アクティビティなどをサイト上で一括予約できるようにするとした。

 ANAの志岐副社長は今回の提携について「エアビーと連携することで、新しい旅の型を創造し、日本の地域活性化に貢献したい。ANAマイレージクラブの3200万の会員に対するワンツーワンマーケティングの布石と考えている」とコメント。従来型の旅行パッケージのスタイルから一歩踏み出す考えを示した。

 ピーチの井上社長は「『空飛ぶ電車』を標榜し、常にイノベーティブであることを追求しているピーチの利用者層は、約6割が20~30代の個人観光客で、ビジネス客・団体客がほぼゼロ」と述べ、顧客セグメントがANAと補完関係にあることを強調。その上で「ANAグループとして、あらゆる宿泊スタイルを網羅するエアビーと連携し、相乗効果を出していきたい」と語った。

 エアビーの田邉社長は同社サイトの現況について「世界191カ国・地域の6万5千都市で、400万物件以上の登録がある。日本国内の登録部屋数(リスティング数)は5万8千以上」と説明した。

関連する記事

近畿日本ツーリスト×小豆島×女性向けファッション雑誌「S Cawaii!」コラボ企画「女子旅するなら小豆(しょうど)島(しま)へ!~photogenic travelli…

続きを読む

JTBが発表した2018年の旅行市場の見通しによると、国内旅行は景況感の改善や休暇取得の促進効果も影響し、前年比1・8%増の3億1120万人となる見込みだ。平均消費額は、…

続きを読む

ANA海外旅行予約サイトは、トリップアドバイザーとの提携で口コミ情報の掲載を始めた。 「TripAdvisor®」の日本法人であるトリップアドバイザー株式会社(本社:東京…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒