730万人オール埼玉で誘客 埼玉県物産観光協会、DMOフォーラム開催

  • 2019年2月21日

パネルディスカッションの様子

 地域連携DMOである埼玉県物産観光協会は7日、埼玉らしい観光の未来を考える「埼玉県DMOフォーラム」を埼玉県さいたま市の大宮ソニックシティビルで開催した。観光関係者ら約100人が参加。DMO活動報告や宿泊型旅行商品コンテスト報告、交流会などを実施した。県民への観光振興の理解を深め、観光地経営の実践への方向性を示した。

 冒頭、埼玉県物産観光協会の松本邦義会長が「昨年末にDMO候補法人からDMO法人に認可を受けた。今年はムーミンバレーパークが開業するなど、県内観光はさらに活性化する。730万人の県民とともに、オール埼玉で明るい未来を切り開いていく」とあいさつした。

 また、埼玉県内有数の観光地として小江戸「川越」でも知られる川越市では、観光客が昨年比11%増の734万人と過去最高を記録し、そのうち外国人観光客数は同42%増の27万9千人と増加しているなど、観光需要が高まっていると訴えた。

 フォーラムでは、埼玉県DMOの活動を報告するほか、体験観光プログラムコンテストやうどんサミットモニターツアー、大宮駅西口で開催した「埼玉みやげフェア」の実施などを紹介した。また、宿泊型旅行商品コンテスト報告では、(1)自然(2)歴史文化(3)グルメ・お酒(4)スポーツ体験・アクティビティーをテーマに作成したツアー商品を開発、販売し、ツアーの催行率が64%だったと発表した。今後は、アニメの聖地、ドラマのロケ地などの情報発信も強化していく予定だ。埼玉県物産観光協会の櫻井正道専務は「埼玉県は日帰り旅行が東京都に次いで第2位と多い。一方、宿泊客数が課題だ。秩父、長瀞、川越のプラチナルート以外のコンテンツを開発し、情報発信を強化していきたい」と方向性を示した。

 このほか、VILLAGE ING.の橋村和徳社長が「『何もないけど…』こそ宝の山!自然資産を生かした現代の『村づくり』~東京の裏庭的非日常の可能性~」をテーマに基調講演を行った。観光振興のポイントとして、「『うちには何もないんで』の先にこそ可能性があり、デメリットと思ったものも外から見たら魅力に見える。外の視点を取り入れながら、地域資源にカルチャーを組み合わせるなど新しいコンテンツを生み出してほしい」とアドバイスした。

 また、「非日常×日常 人を魅了する豊かな空間づくりとは?」をテーマにしたパネルディスカッションが行われた。

 埼玉県物産観光協会では、(1)魅力的な空間(2)魅力的な情報(3)魅力的な語り部―の三つを「稼ぐ地域」となるためのポイントとして掲げ、DMO五つの戦略(1)「売りたい」地域資源の発掘(2)データに基づいたマーケティングの実施(3)埼玉県民730万人と連携した観光施策の実施(4)おもてなし力向上および観光人材育成事業の実施(5)継続する組織とするための基盤事業の実現―に取り組んでいる。 


パネルディスカッションの様子

関連する記事

宮城県は15日、「サザエさん」との共同観光キャンペーンを始めた。 宮城県は、令和元年5月から9月まで、観光キャンペーン「サザエさんの愉快なタビin宮城」を展開します。今回…

続きを読む

日本観光振興協会は7日、5月中旬週末(17~18日)の観光予報を発表した。それによると、札幌市で「混雑」(混雑度70~85%未満)しているものの、「ゴールデンウイーク(G…

続きを読む

日本旅館協会東北支部連合会はこのほど、会員旅館を対象に実施している宿泊実態調査の2019年3月の結果をまとめた=表。東北6県の合計では、前年同月の実績に対して宿泊人員は1…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube