7月の旅館倒産、今年最多の10件 帝国データバンク調べ

  • 2018年8月27日

 帝国データバンクによると、今年7月のホテル・旅館経営業者の倒産(負債1千万円以上の法的整理)は10件、負債総額は81億5200万円だった。件数は今年最多で、1年7カ月ぶりの2桁台となった。

 負債総額は前月に続き、今年2番目に多い数字だった。

 1月からの累計は、件数が前年同期比2.2%増(1件増)の46件。負債総額が同13.1%減の224億7300万円。

関連する記事

旅館は非正社員で7割 帝国データバンクはこのほど、人手不足に関する企業の意識調査を行った。正社員が不足している企業割合は50.3%で、1年前調査(2018年4月、49.2…

続きを読む

宿泊予約経営研究所は17日、新社長に小泉敦氏が就任したと発表した。 宿泊施設専門の集客パートナー、株式会社宿泊予約経営研究所(本社:神奈川県横浜市)及び、子会社の株式会社…

続きを読む

宿泊施設情報システム専門会社のタップは19日、ベトナム ハノイ市に現地法人を設立したと発表した。 宿泊施設向けの情報システム専門会社の株式会社タップ(代表取締役会長:林悦…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube