51%が「5類相当」希望 コロナ分類で企業調査

  • 2022年10月7日

「2類相当」は12%にとどまる

 帝国データバンクは8月、全国の企業を対象に新型コロナウイルス感染症の分類見直しに関する意識調査を行った。それによると、51.1%の企業が5類相当の運用を希望していることが分かった。

 自社の企業活動を行う上で望ましい位置付けを尋ねた。最も多いのが5類相当で半数超の51.1%。他方、2類相当のままとする企業は12.3%にとどまった。

 このほか「どちらとも言えない」が26.4%、「分からない」が10.1%。「できれば5類に移行してインフルエンザ程度の扱いにしたいが、感染者が多く侮れず、2類、5類の判断がつかない」(旅館)と、判断しかねている事業者も約3割見られた。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram