4~6月の訪日外国人消費、コロナ前比で92%減

  • 2022年8月23日

水際緩和も1047億円

 観光庁が発表した訪日外国人消費動向調査の結果で、2022年4~6月期の訪日外国人の旅行消費額は1047億円となった。コロナ禍の影響で平年より大幅に規模を縮小した調査に基づく「試算値」。水際措置の緩和に伴って、22年1~3月期の352億円からは増加したが、コロナ禍前の19年4~6月期(1兆2673億円)と比較すると91.7%の減少だった。

 調査は四半期ごとで、空港、港から出国する外国人旅行者に調査員がタブレット端末、または紙の調査票で聞き取る方式。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて20年4~6月期以降、調査は中止となっていたが、21年10~12月期に規模を縮小して再開された。

 今回の22年4~6月期の調査は、羽田、成田、中部、関西、福岡の5空港のみで実施され、有効回答数は5135件だった。20年1~3月期以前は、回答の目標回収数が7830件だった。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram