3期ぶり黒字化 KNT-CTホールディングス中間決算

  • 2022年11月21日

米田社長

海外需要回復、BPO事業好調

 KNT―CTホールディングス(HD)が9日発表した2023年3月期中間決算(22年4月1日~9月30日)の純利益は、前年同期から94億1700万円改善し25億6400万円となり、3期ぶりの黒字となった。海外渡航水際緩和など海外旅行需要の回復やBPO事業が好調であることなどから、通期連結業績は黒字となる見通し。今後は、店舗削減などさらなるコストカットや、円安を追い風としたインバウンド需要の獲得、旅行外事業のさらなる強化を図る。

 売上高は前年同期比85・5%増の1067億3100万円、営業利益は20億2500万円(前年同期は84億8300万円の赤字)、経常利益は25億2800万円(同59億2500万円の赤字)だった。

安全管理部を新設 海外事業拡大へ

 同日開かれた中間決算発表では、同社の米田昭正社長が冒頭、10月13日に発生したクラブツーリズム主催バスツアーで起こったバス横転事故について謝罪。事故を受け止め、同日にHD内に安全管理部を設置したことを発表した。同部の専任は4人で、ガイドラインの作成やツアーの行程、関係協力機関の確認などを行う。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram