3年ぶりに対面商談会 群馬県、旅行会社などに魅力PR

  • 2022年11月12日

3年ぶりの対面商談

 ググっとぐんま観光宣伝推進協議会は10月19日、東京の品川プリンスホテルで「ぐんまの魅力を発信!観光プロモーション会」を開催した。対面での開催は3年ぶり。県内の自治体や観光協会など約30団体が旅行業者やマスコミ関係者らに観光魅力をアピールした。

 冒頭あいさつした同協議会の相川章代幹事長(県産業経済部戦略セールス局長)は、「人の移動がスムーズにできるようになってきた。全国旅行支援もスタートし、12月までしっかりとやっていく。県を『リトリートの聖地』としてアピールし、長期滞在のスタイルを作っていきたい」と述べた。

 県観光物産国際協会の江利川宗光専務理事は、「謙虚な県民性からか、魅力を広く発信することが得意でない。発信力を高めるのが大事であり、皆さんに魅力を知っていただき、発信してほしい」と呼び掛けた。

 高崎市出身の落語家でぐんま特使の林家つる子さんのトークショーも行われた。

 個別商談会では、旅行業者やメディアのブースを県側の自治体や観光協会などの担当者が巡回。観光素材を持ち寄り、説明した。

 コロナ禍前は年間50万人ほどが来園していたという「果実の里原田農園」(沼田市)の原田光敏さんは、「全国旅行支援は起爆剤になる」と期待する。リンゴやイチゴ、サクランボ、ブドウなどさまざまな味覚狩りができるのが農園の売りで、「旬の果実のパフェ作り」など体験メニューも用意している。

 藤岡市は、染色や陶芸などが体験できる工芸体験村「土と火の里公園」や「藤岡ふじまつり」などをPR。ふじまつりは4月上旬からふじの咲く丘で開催され、全長250メートルの藤棚や45種類のふじ見本園がインスタ映えすると人気だ。

 前橋観光コンベンション協会は、来年3月開業する道の駅「まえばし赤城」をアピール。国道17号上武道路沿いにあり、敷地面積約7ヘクタール、延べ床面積約8千平方メートルの規模。物販や飲食、温浴施設といったテナント約30店が入居する。前橋の新たな玄関口となり、広域防災拠点としても活用されるという。


3年ぶりの対面商談会

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram