2027年の花博へ向け協会発足

  • 2021年12月29日

 横浜市が2027年に開催予定の国際園芸博覧会(花博)の準備や運営を担う「一般社団法人 2027年国際園芸博覧会協会」が11月15日に設立された。同日、経団連会館(東京都千代田区)で設立総会と記念式典が開催された=写真。

 同協会の会長には経団連の十倉雅和会長が就任し、山中竹春横浜市長や上野孝横浜商工会議所会頭、黒岩祐治神奈川県知事らが副会長に名を連ねる。協会設立に当たり十倉会長は「世界に誇れる博覧会にしていきたい。持続可能な循環社会を世界に向けて発信していく」と話した。今後は国際園芸家協会(AIPH)や博覧会国際事務局(BIE)などとの連携、情報発信などを通し、開催に向け機運を醸成していく。

 同博覧会は15年に返還された米軍上瀬谷通信施設跡地(横浜市旭区、瀬谷区)内の約100ヘクタールを用地に開催するもので、1500万人以上の参加者を目指している。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram