2018年余暇市場、観光・行楽部門4%増 レジャー白書

  • 2019年7月31日

訪日客増が寄与

 日本生産性本部は7月18日、「レジャー白書2019」の概要を発表した。それによると、18年の余暇市場は71兆9140億円で、前年と比べ0.1%の微増だった。訪日客の増加で観光・行楽部門がプラスとなったほか、スポーツ部門も堅調に推移。趣味・創作部門、娯楽部門は前年割れだった。本書は8月上旬に発行する。

 18年の観光・行楽部門の市場規模は同4.1%増の11兆2780億円。後押ししたのは訪日客の増加で、ホテルは1兆5千億円ほどで、過去最大規模となった。旅館は「落ち込みが続いているが、訪日客増の影響で下げ止まりつつある」という。航空、鉄道、バスは堅調を維持。

 旅行業では海外旅行が好転している。「若者の海外旅行離れが改善してきており、総じて明るさが見える」と指摘している。

 その他、スポーツ部門は同1.3%増の4兆1270億円、趣味・創作部門が同3.7%減の7兆4990億円、娯楽部門は同0.2%減の49兆100億円。

 スポーツ部門については、スキー場に復活の兆しが見え始めたのが特徴で、夏場の利用が奏功しているようだ。

 余暇活動の参加人口をみると、国内観光旅行(避暑・避寒・温泉など)が5430万人となり、11年以来8年連続の首位となった。2位は外食で4180万人、3位は読書の4170万人となっている。

 上位種目に大きな変動はないが、9位のウィンドウショッピング(3070万人)、14位のSNS、ツイッターなどのデジタルコミュニケーション(2620万人)、15位の園芸・庭いじり(2560万人)の上昇が目立つ。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram