20年度の食品ロスは8%減

  • 2022年7月14日

 農林水産省によると、2020年度の食品ロスは前年度比8%減の522万トンとなり、推計を開始した12年度以降で最少となった。コロナ禍で飲食店などが休業するなどして、来客数が減少したことが影響したとみられる。

 食品ロスは、本来食べられるにも関わらず捨てられている食品をいう。522万トンのうち、食品関連事業者から発生する事業系で275万トン(前年度比11%減)、家庭からのものが247万トン(同5%減)だった。

 国民1人当たりのロス量は1日約113グラムで、これは茶わん1杯ほどのご飯の量に近い。年間では約41キロとなり、1人が年間に食べる消費量(約53キロ)に迫る。最少になったとはいえ、まだまだロスは多く、旅館・ホテルも削減に向け取り組むことが求められているといえそうだ。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram