20年の全国企業倒産、過去2番目の低水準

  • 2021年2月4日

 帝国データバンクによると、2020年1年間(1~12月)の全国企業倒産(負債1千万円以上の法的整理)は7809件で、前年比6.5%減少した。統計の比較が可能な00年以降で2番目の低水準だった。負債総額は1兆1810億5600万円で、同16.4%減少。00年以降で最少となった。

 件数の減少について同社は「新型コロナウイルス感染拡大による企業経営へのダメージが危惧される中、実質無利子、無担保の新型コロナ対応融資、持続化給付金など、国を挙げた支援策が多くの企業の資金繰りを支え、倒産の歯止めとして奏功した」としている。

 件数を8の業種別に見ると、「その他」のみが前年を上回った。

 同年の大型倒産は、旅行業のホワイト・ベアーファミリー(負債278億円、民事再生法)、格安航空会社のエアアジア・ジャパン(同217億円、破産)、ホテル経営のWBFホテル&リゾーツ(同160億円、民事再生法)などが報告されている。

 12月単月の倒産件数は前年同月比22.0%減の552件。12月としては00年以降、最少となった。負債総額は同9.2%減の1450億300万円。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram