2月の現状DI、2ヵ月連続で低下

  • 2022年3月24日

 内閣府は8日、景気ウォッチャー調査の2月分を公表した。同月の現状判断DI(季節調整値)は、前月比0.2ポイント減の37.7。飲食など、家計動向関連のDIが低下し、2カ月連続の低下となった。オミクロン株の流行で「集客が激減」「過去最低の売り上げ」と、旅館・ホテルなどから厳しい状況を指摘する声が上がっている。ただ、先行きについては3回目のワクチン接種などで、「客の自粛が緩和することを期待する」との声もある。

 調査は宿泊、飲食、商店など、地域経済の動向を観察できる業種の人々に、3カ月前と比較した景気の現状と、2~3カ月先の景気の先行きを「良い」「どちらともいえない」「やや悪い」など5段階で判断してもらい、結果を数値化したもの。

 現状DIのうち、家計動向関連が前月比0.8ポイント減の33.7。飲食関連、小売関連、住宅関連が低下。サービス関連が上昇した。飲食関連が同3.7ポイント減の19.9と、大きく落ち込んでいる。

 このほか企業動向関連が同0.7ポイント減の43.1。雇用関連が同3.9ポイント増の52.1。

 先行き判断DIは前月比1.9ポイント増の44.4。家計動向関連では、サービス関連など、飲食関連以外が上昇した。

 景気判断理由の主な回答は次の通り。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram