19年国慶節インバウンド旅行動向調査、第1位は「大阪府」 

  • 2019年10月13日

 ホテル・旅館の宿泊予約アプリ「Relux(リラックス)」を運営するLoco Partnersはこのほど、顧客の旅行動向や人気の宿泊施設の傾向を調査する機関「Reluxトラベルラボ」から、「2019年国慶節 インバウンド旅行動向調査」を発表した。人気エリアとして第1位に「大阪府」を選出した。

 調査は、Reluxの9月6日時点の顧客予約件数から10月1~7日の宿泊期間を対象に集計。

 国慶節の人気エリアは、1位大阪府、2位神奈川県、3位静岡県、4位北海道・沖縄県、6位山梨県・大分県となった。同ラボは「大阪は、無料Wi―Fiの充実度が高く、観光地の再整備も進んでいる。京都、奈良など人気観光地へのアクセスも良い」と分析した。

 チェックイン日は、10月2日が一番人気が高かった。一番人気がないのは10月6日となり、前半に旅を楽しみたいニーズが高まっているという結果となった。

 人気宿タイプは、旅館が一番多く、シティホテル、リゾートホテル、ビジネスホテル、コンセプトホテルが続いた。人気上昇率は、シティホテル、ビジネスホテル、オーベルジュ、リゾートホテル、古民家の順となった。

 平均宿泊日数は1.8泊、1人当たりの平均宿泊金額2万3289円、平均グループサイズ2.5人となった。

 「国慶節は中国政府公認の休日。誘客施策は必要だ」と同ラボ。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram