11月は3割減まで回復 観光庁速報の延べ宿泊者数

  • 2021年1月21日

上記の表は観光庁「宿泊旅行統計調査」から作成。2019年の数値は確定値、20年5~10月は第2次速報値、20年11月は第1次速報値

日本人の下げ幅16%減に縮小

 全国の宿泊施設における2020年11月の延べ宿泊者数は、前年同月比30.2%減の3466万人泊となった。観光庁が12月25日に発表した宿泊旅行統計調査の第1次速報値。新型コロナウイルスの流行に伴い、前年同月比の減少率は、4、5月には8割を超える減少となったが、約3割減にまで縮小した。11月の宿泊施設の客室稼働率(第1次速報値)も改善が進み、前年同月比19.5ポイント減の46.1%となった。

 延べ宿泊者数の前年同月比は、政府が緊急事態宣言を発令した4月が80.9%減、多くの宿泊施設が臨時休業を余儀なくされた5月が84.9%減だったが、以降は、Go Toトラベル事業、自治体による旅行・宿泊支援事業などもあり、回復傾向にあった。10月には35.2%減の3241万人泊にまで持ち直していた。

 11月の延べ宿泊者数の内訳を見ると、日本人延べ宿泊者数が前年同月比15.7%減の3421万人泊、外国人延べ宿泊者数が同95.1%減の44万人泊となった。日本人の宿泊旅行需要は回復が進んだが、外国人の延べ宿泊者数は水際対策に伴う入国制限などが続いて低迷したままだ。

 全国の宿泊施設における11月の客室稼働率は46.1%となり、10月の42.8%から改善が進んだ。施設のタイプ別に11月の客室稼働率を見ると、前年同月の実績と比較した旅館、リゾートホテルの減少幅は、シティホテル、ビジネスホテルに比べて小さくなっている。

 11月の施設のタイプ別の客室稼働率(カッコ内は前年同月比)は、ビジネスホテル54.8%(25.1ポイント減)▽シティホテル50.6%(31.9ポイント減)▽リゾートホテル47.1%(10.4ポイント減)▽旅館39.1%(2.8ポイント減)▽簡易宿所15.7%(18.6ポイント減)。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram