10月の訪日外客、初の70万人台を記録

  • 2007年12月8日

 国際観光振興機構(JNTO)は11月28日、10月の訪日外客数と出国日本人数を発表した。訪日外客数は前年同月比12.4%増の78万6100人で10月としては初の70万人台を記録。韓国、台湾、中国など主要10市場で過去最高だった。そのうち7カ国はおよそ7割増と好調だった。

 訪日外客数の増加要因は台湾、中国などで航空座席量の増加、円安基調、東京モーターショーの開催による効果などが挙げられる。

 市場別にみると、韓国は18.7%増の22万2700人で10月の訪日客が初めて20万人を突破した。ビジット.ジャパン.キャンペーン(VJC)の一環として、VJC観光親善大使として活躍する韓国の歌手ユンナを起用した屋外スクリーン広告などが訪日旅行意欲を誘発したと考えられる。

 台湾は6.3%増の13万600人で過去最高を記録。沖縄へのクルーズ船の運航開始などが貢献した。

 中国は20.4%増の9万2千人。好調な景気、航空座席量の増加などにより、訪日旅行は持続的に伸長した。「今年9月に就航した羽田と上海間の定期チャーター便が、10月に入っても日中間の航空座席供給に寄与した」とJNTO。

 香港は17.8%増の3万2千人で過去最高を記録。好調な景気、航空便の拡充などにより、訪日客の増加を導いた。

 一方、米国からの訪日客は、クルーズ船の需要減や日米間の一部航空便が新たに縮小した影響などがあり、3.3%減の7万9400人。英国も2.7%減の2万2600人と減少した。

 半面、ドイツは12.4%増の1万5200人と単月で過去最高を記録した。フランスは18.4%増の1万4900人で、「ロンリー.プラネット」「ミシュラン」などのフランス語版日本旅行ガイドブックが相次いで発行されており、訪日客増加につながったとみられる。

 出国日本人数は1.9%減の147万4千人となり、2カ月ぶりに減少した。JNTOでは、「円安基調、20代と30代の若年層の出国者が減少傾向にあり、海外旅行が伸び悩んでいる」と話している。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram