08年の余暇市場、2.4%減の73兆円

  • 2009年8月8日

 日本生産性本部は7月30日、「レジャー白書2009」を発表した。白書によると、08年は後半から景気が低迷する中、余暇活動の参加は「日常型レジャー」へシフトし、余暇市場規模は前年比2.4%減の72兆8760億円となり、6年連続で前年を下回った。白書は「観光・行楽部門、娯楽部門の落ち込みが目立ったが、ランニング用品や携帯ゲームなど堅調な市場も見られた」と分析している。

 観光・行楽部門全体の市場規模は同2・1%減の10兆4780億円。このうち、国内観光・行楽は同1.3%減の6兆6530億円となった。業種別に見ると、会員制リゾートクラブを除き、軒並み減少した。

 旅行業の取扱額(手数料収入)は同5.5%減の6850億円。「国内旅行のマイナス2.2%に対し、海外旅行は同4%と落ち込みが大きかった」と白書。メディア通信販売やインターネット販売については「取扱額は増加しているが、競争激化で収益は悪化」とした上で、「特にインターネット販売は人気サイトへの集中と淘汰が進んでいる」と見ている。

 市場を着実に拡大してきたホテルだが、経済不況で稼働率も低下し、08年は同5%減の1兆380億円とマイナスに転じた。「外国人旅行者の激減で、近年都市部に急増したラグジュアリータイプの外資系ホテルは軒並み苦戦している」。

 一方、旅館は同6%減の1兆7610億円と市場規模の縮小に歯止めがかからない。「不況下でも小規模施設の中には堅調なところがあるが、大規模施設には変化に対応できていないところも目立つ」と言う。

 不況下での“巣ごもり消費”が伝えられるところだが、08年に実際大きく伸びたのは、単価が安く、家庭や近所で何度でも参加して楽しめる、いわゆる日常型レジャーだった。

 参加人口上位20位の5位に入ったパソコン(ゲーム、趣味、通信など)の約400万人増を始め、ビデオの鑑賞やテレビゲームなどインドア系レジャーでは大幅に参加人口が増加した。

 1位は外食の7370万人(前年と比べ170万人増)。国内観光旅行(避暑、温泉など)は2位に入り、6020万人(同320万人増)に。しかし、「支出や宿泊数は低調」と白書は指摘する。

 将来の参加意向を示す「参加希望率」は1位国内観光旅行、2位外食、3位ドライブとなった。注目されるのは海外旅行の動きで、80年代後半以来4位をキープしていたが、08年は5位に順位を落とし、パソコンに抜かれた。白書は、「非日常レジャーの代表的種目が日常型レジャーの代表的種目に抜かれるという点で、このところのレジャーの傾向を表す象徴的な結果になったといえる」としている。

関連する記事

国際シニアサッカー大会フレンドリーマッチin甲府 山梨県甲府市の湯村温泉旅館協同組合は、「第1回国際シニアサッカー大会フレンドリーマッチin甲府」を主催した。国内外の合計…

続きを読む

日本観光振興協会は6日、11月下旬週末(22~23日)の観光予報を発表した。それによると、札幌市と大阪市で「混雑」(混雑度70~85%未満)しているが、全国的には比較的空…

続きを読む

全国旅行業協会(ANTA)は、9月1日に全国9地域11会場で実施した令和元年度「国内旅行業務取扱管理者試験」の結果を10月23日に発表した。合格者数は5645人で、合格率…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube