JR東日本、「駅カルテ」販売開始 Suica利用情報を定型レポート化

  • 2022年3月30日

駅カルテ(サンプル)

 JR東日本は5月、Suica統計情報の定型レポート「駅カルテ」の販売を始める。Suicaを利用する人が、駅の改札を入出場する際に記録されるデータを用いた定型レポート。駅周辺や沿線の地域活性化を通じて豊かな暮らしづくりの実現を目指す。

 同社はこれまで、Suicaの利用時に記録されるデータを個人が識別できないよう統計処理した上で、鉄道などのサービス向上での活用や、自治体のニーズに応じた分析レポートの提供をしてきた。

 データの販売対象駅は、首都圏を中心とした約600駅で、対象期間は2017年度以降。レポートは、レポート数選択タイプ、利用期間設定タイプの2タイプで販売される。販売価格は、レポート数選択タイプが5レポートプランの場合55万円、利用期間設定タイプがStandardプランで期間3カ月の場合は264万円。

 データの販売に際しては、氏名などを削除し個人の識別性を下げる加工をするほか、データ使用を希望しない人については、個別にデータを除外する対応が行われる。

 問い合わせはレポート数選択タイプがジェイアール東日本企画、利用期間設定タイプが日立製作所。

 

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram